R-30

ドイツ車「up!」の試乗会がイタリア・ミラノで行われたのはなぜ? セレブ海外試乗会

 担当Kです。今回は、激安輸入中古車など貧乏企画が染みついている我々には無縁の“セレブ海外試乗会”のお話です。いいクルマに乗って、名所を観光して、優雅なランチでオホホと談笑。コンビニ弁当を食べながら、限られた時間で撮影する貧乏人とは別次元! 我々もいつの日かイタ~リアに渡って、彼の地の激安中古車事情を探りたいと思います。

フォルクスワーゲン「up!」吉田由美=文 Text by Yoshida Yumi

◆貧乏編集部は無縁。有名ジャーナリストだけが知っている!セレブ海外試乗会

 読者のみなさま、お久しぶり♪ みなさまにお目にかかるのはかれこれ数年ぶりのカーライフ・エッセイスト吉田由美です。当欄担当者は私のことをお忘れだったのかしら? ひどいわ~(笑)。

 そんなことはさておき、今回は素敵なクルマたちと巡った、イタ~リアの旅の模様をお届けするわね!

 今回の旅の主な目的は、マイナーチェンジしたフォルクスワーゲン「up!」の試乗。日本に導入されるのは来年だけど、ひと足早くイタリア・ミラノで行われた国際試乗会へ参加してきたの。

「フォルクスワーゲン(VW)って、ドイツのクルマなのに、なぜイタリアで試乗会?」と思われる方もいるはず。これは日本のメーカーの試乗会でも同じだけど、試乗場所はそのクルマのイメージを考慮しつつ、写真映えして、しかもクルマの良さが生きる場所がセレクトされるの。今回選ばれたミラノは、イタリアのファッションの中心でありつつ、イタリア経済の中枢を担う大都市。加えてコンパクトカーが活躍するのにピッタリな道路事情(要するに狭い道が多い)ということで、選ばれた模様よ。思えば先代「up!」の国際試乗会も、同じイタリアのローマ。ローマはお洒落な「up!」のイメージとVWのデザインを統括するデ・シルバ氏の故郷ということで、ローマにこだわったとか。「up!」はその小さなボディに、VWの大きな期待を背負っているの。

次のページ 
新色ティールブルーの「move up!」に試乗

1
2
3




おすすめ記事