昭和の人気キャラクター「モンチッチ」を外国人観光客が“爆買い”

 1974年にセキグチから発売されたキャラクター、モンチッチ。愛らしい表情が印象的なこの商品に、猛烈なインバウンド需要の波が押し寄せていることを知っているだろうか。

「お店に来られるや否や、この棚のモンチッチ全部ちょうだい、なんていう中国のお客さんもいらっしゃいました」

 そう話すのは1885年に浅草仲見世に創業、2003年にはモンチッチ商品を専門に販売する2号店を開業した、トイステラオの寺尾まゆみ氏。モンチッチ商品の人気は、中国人向け個人観光ビザが発給されるようになった2009年以降、より顕著になったと話す。

「モンチッチ」トイス テラオ2号店

仲見世からほど近いトイス テラオ2号店。和服のモン チッチが、外国人には人気

「あちらでは猿が縁起物というのもありますが、放っておけない、かわいがってあげなきゃと思わせるような、愛おしい表情が魅力なんだと思います。」

「モンチッチは本当にかわいい。数え切れないほど持っている」(27歳・女性・香港から来日)とその可愛らしさが支持されているようだ。

「セキグチさんが海外展開に積極的だったので、ドイツ、フランスなどヨーロッパのお客さんも多いです。上目遣いにおしゃぶりを吸う、モンチッチのかわいさ。すでに多くの国の人を虜にしているんですよ」(寺尾氏)。昭和の人気キャラクターが、いつの間にか世界を席巻していたのだ。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中