学部名の「キラキラ化」で悩む、珍名学部生の就職活動

就職活動 12月1日、’14年春に卒業する大学生の就職活動の火蓋が切られた。

 しかし、周りとはだいぶ違った方向で悩む学生がいる。甲南大学マネジメント創造学部3年生の徹さん(仮名・以下同)だ。

「学科名までいうと早口言葉みたく長くて、面接で噛みそう……。それに、変わった学部名だからか、面接官が学部学科の質問に始終することもあるようで、自己PRまでいけないかも」

 端から見て、何を学んでいるのかいまいちわかりにくい。そんな「珍名学部」「珍名学科」が、近年目立ってきているがゆえの悩みだといえよう。

 第一、学部生自身がわかっていないこともある。国士舘大学21世紀アジア学部の浩平さんもその1人。

「ウチの学部も高確率で何を勉強してきたのか、面接で突っ込まれる。そもそもアジアに高い関心を持つ学生があまりいないし。高いモチベーションを持った学生? 知る限りでは留学生くらいです」

 宇都宮共和大学シティライフ学部に入学したての翔太さんは、既に就活へ不安を抱いている。

「かっこいい名前の学部だと思って入りましたが、何をやっているのか『?』です。学部の教授すらも、授業中に『シティライフって何だ?』と言ってしまう状態です」

 彼のように、当初はなんだか意味ありげなカタカナネーミングのイメージに釣られて入学した学生も少なくない。しかし、理想と現実はなかなか噛み合ないのが世の常。

「HPにもある『大学で学ぶべきほぼすべての学問領域を網羅』という言葉に乗って入学したが、正直、今のままでは自分が何をやってきたのか、面接で説明できる自信がない」とは桜美林大学リベラルアーツ学群の智之さん。

「結局、いろんな学科の寄せ集めだった。専門性がない学科を選ぶと就活と結びつかないらしく、4年生の先輩はまだ就活中です」と帝京平成大学現代ライフ学部の健吾さんも語る。

 田中真紀子文科相が問題視した「濫造される新設大学」。そんな大学で増える奇妙な学部名の生徒たちはどのように就職戦線を戦っていくのだろうか?

 週刊SPA!12月4日発売号「[珍名学部出身者の就活]悲喜こもごも」では、「珍名学部生」たちに直撃取材。彼らの胸中を聞いている。 <取材・文/中野一気(中野エディット) イラスト/西アズナブル>

週刊SPA!12/11号(12/4発売)

表紙の人/南明奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中