44歳、月収10万円の貧困女子「夢は風呂つきのアパートに住むこと」

男性の貧困事情はSPA!でも何度も特集してきたが、ほとんどの世代において男性よりも女性のほうが貧困率は高いのが現状。そこで今回は、「貧困女子」の基準である手取り月収-家賃=8万5000円未満の女性を取材。彼女の部屋から見える苛酷な生活の実態に迫った

◆月収10万円、風呂ナシでも音楽の仕事を続けたい

年収200万円以下[貧困女子]のお部屋訪問1 江戸川区内の築40年のアパートの2階に住む河原さんは現在44歳。ドラマーとして参加している音楽ライブの収入が月に2万円、ボイストレーニング講師のアルバイトで4万円、イベントの着ぐるみバイトで4万円、月に10万円いくかいかないかの収入で暮らしている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=780521

 整理整頓され、スッキリした部屋に見えるのは、河原さんがかなりのきれい好きだからというのもあるが、それ以上に最小限の日用品しか買う余裕がないからだ。洋服はここ数年買っていないという。

「1階に住んでいる大家さんの厚意で、光熱費含め月3万4000円の家賃で住まわせてもらっているので何とか生活できています」

 1年前までは音楽仲間の彼氏と同棲していたが、別れてしまい、一人暮らしを余儀なくされる。

「この収入で一人暮らしは本当に厳しいので、お酒は一切飲まないし、食事はほとんど松屋の一番安い牛丼。お風呂もないから基本は銭湯通いですが、銭湯代も惜しいので、近所に住んでいる元彼の家にお風呂だけ借りに行くこともあります」

貧困女子

キッチンにはガス台もおいていない

 40歳過ぎて独身でこの状態では、ご両親も心配なのでは?

次ページ「心配を通り越して…」

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中