アイドルが告白 “ブラックすぎる事務所”の実態「社長、ホテルで待ってるから…」

 今年5月、芸能事務所の元代表・田代仁ことベレン・オリバー・オリベッティ容疑者が“仕事”をちらつかせて15歳の少女にわいせつ行為をしたとして逮捕された。もちろんすべてがそうではないが、“ブラック事務所”は確実に存在する。

アイドル事務所のブラックすぎる実態 現在ライターとしても活躍中のグラドル・吉沢さりぃも、被害者の一人である。

「3年前くらいの話です。私はいま事務所に所属しないでフリーとして活動してるんですが、そのときもフリーで、『いいところがあれば入りたいな』くらいの気持ちでした。最初、若くてちょっとチャラい感じのスカウトマンに歌舞伎町で声をかけらたんです。男性の話によると、その事務所には私が好きなアイドルも所属していたりして、俄然興味を持ちました。

で、後日、事務所のコのイベント会場に行って、社長を紹介してもらったんです。『君が例のコか。おっぱいも大きいし、ウチの事務所から近々6枚ほどDVDを出すけど、そのうちの1枚は君で行こう。海外ロケだね』と言ってくれました。その数日後、スカウトマンの彼から連絡がきて、契約の話をするということでまた歌舞伎町に呼ばれました。

そしたら会うなり、『社長ホテルで待ってるから、行こうか』と。『ここで契約書を書けばいいじゃないですか?』と言ったら、『何言ってんの? すぐ所属できると思ったの? 社長と1回寝てからだよ」と平然と言うんですよ。しかも『それでOKが出たら所属』とか、意味わからないです。もちろんお断りして帰りましたけど、こういう罠にかかって、“寝たのにNG”で泣いてるコもたくさんいるんでしょうね」

 また、アイドル・優月心菜も“オタクあがりの事務所スタッフ”の問題を指摘する。

「専属のマネージャーやメイクスタッフが欲しくて、ファンの男性をそのまま自分のスタッフ化するコがいます。オタクからそうやってスタッフになった人を“オタッフ”と呼びますが、推しのコと近付きたくて始める人がほとんどなので、そのコがアイドルをやめちゃうとスタッフ自体やめちゃうようなプロ意識のない人も多いんです。

オタッフが作ったよくわからない事務所に入って、好き勝手やっているアイドルもいるくらいです。そういったオタッフ事務所の中には、自分のところのアイドルに平気で手を出している人も多いから、それを知らずに事務所に入ったコがかわいそうでなりません」

 ある業界関係者は、ブラック事務所の多さには背景に昨今のアイドルブームが影響していると続ける。

「ブームに便乗してアイドル事業を始める芸能事務所も増えましたが、ノウハウも資金力もないので、女のコを教育できない。だからスターアイドルを育てられるのは一握りの大手事務所だけで、そのほかの多くの事務所はアイドルプロダクションというよりただのDVD製造会社です」

 一見華々しい芸能界だが、裏側は想像以上にドロドロしている。そんな裏側を本人たちが赤裸々に語った袋綴じ特集「[アイドル(裏)事件]噂の真相」は現在発売中の週刊SPA!(9/22・29合併号)で読めるぞ! <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!9/22・29合併号(9/15発売)

表紙の人/香里奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中