泥酔する人たちの懲りない日常。酔って失くすのは記憶と所持品だけじゃない!?

忘年会シーズンの到来。来る日も来る日も酒が飲める季節。寝落ち、階段落ち、所持品紛失、二日酔い、嘔吐、果ては警察沙汰まで……失態もまたつきもの。他人に迷惑をもたらすほどの泥酔っぷりで、足元から人生まで、酒で狂った人々の現場を検証。正しい飲み方で楽しい年末を!

記憶&モノ遺失タイプ


泥酔「酒に酔っていて覚えていない」

 ――とは、犯罪者とまではいかなくとも、酒でやらかした翌日の常套句。

「上司と一緒に飲むと『オレは一体どこで携帯をなくしたんだ?』と翌朝に悲痛な電話の声で起こされること、年に軽く4度」(40歳・公務員・女)

「千鳥足の上司を、家までひと駅なので大丈夫かと電車に乗せたところ、翌日『カバンをなくした!』と土曜にもかかわらず全員招集され、足跡をたどり、カバン捜し」(33歳・営業・男)と、理不尽にも部下たるものは、常に付き合わされる。

「地元の川べりで力尽きた記憶まではあるけど、目覚めたのは知らないビルの階段。すべての所持品もなくし、警察に届け出ても出てこないので、自分で川に流してしまったのかも」(28歳・ショップ店員・男)と、記憶がないとはいえ、それって身ぐるみ剥がされたのでは?

「皇居近くの友人宅に泊まった際、携帯を道に落とし、諦めていた3日後、警察から『見つかった』との連絡が。ところが場所柄、ランナーが拾ったらしく、届けた先は20㎞ほど先の警察署。しかも、受け取って確認すると勝手に空メールが送信され……それも、残したままだった元カレのアドレスに。よりによってなぜそいつを選んだ!? と拾ってくれた誰かを呪いました」(36歳・銀行)

 いずれも、平和なニッポンらしいエピソードではある。

取材・文/SPA!泥酔現場取材班

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中