デジタル

ドローンが「生活のなかで当たり前の存在」になる世界が近づいている

最先端ドローン活用「ドローン元年」と呼ばれた’15年から1年。今、ドローン業界の動向が気になる。『ドローンの衝撃』の著者、河鐘基氏に最新事情を聞いた。

「注目なのは、オーストラリアで発表された郵便配達に使用する計画。すでに試験は開始され、無事に終われば今年末から実験的にサービスが開始される予定です。ドイツでタクシーとして利用する構想も興味深い。4月には、有人飛行に成功していて、2年以内の実用化を目指しているそうです。ドローンの活用はかなりのレベルまで性能が進んでいますよ」

 一方、日本の状況はどうなのか。

「残念ながら海外に比べると遅れをとっているのが現実。とはいえ、研究は着実に進んでいます」

 その背景には、昨年制定されたドローンのガイドラインや国家戦略特区などの存在が大きいという。

「成田市ではイオンモールの屋上からワイン、秋田県仙北市では1kgの書籍を運ぶことに成功している。IT企業も参入を始めています。楽天はゴルフ場での配送サービスを発表。ソフトバンクは法人向けサービスを行っている。日本でもドローンビジネスは進んでいくでしょう」

 各サービスの本格的な実用にはまだ時間がかかるが、ドローンが「生活のなかで当たり前の存在」になる世界が着実に近づいている。

【ドローン最新情報ランキングTOP10】

1位…有人ドローンを使ったタクシーが登場
ドイツのイーボロ社がドローンの有人飛行実験に成功。また、中国でも有人ドローンが開発され注目を集めている

2位…郵便局がドローンを使った配達を開始
オーストラリア・ポストがドローン配達の試験を実施。成功すれば今年末までに実験的なサービスとして開始する予定

3位…ソフトバンクや楽天もビジネスに参入
楽天は一般向けドローン配送サービスを、ソフトバンクは企業向けのドローン販売サービスをスタートさせた

次のページ 
4~10位は?

1
2
ドローンの衝撃

ドローンに関する基礎的情報をいっきに紹介

ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実

“超絶”成長企業の光と影を明らかにした一冊




おすすめ記事