雑学

糖質制限ダイエット、水素水…マニアの過大評価で歪められた健康法

 今やダイエットには欠かせない概念となった糖質制限。ダイエッターの中には熱烈な信奉者も多いが昨今、糖質制限の第一人者といわれる桐山秀樹氏が心不全で死去し因果関係が疑われるなど、最も評価が揺れているともいえる。数十年単位で継続した実験データが存在しないため不安要素も多く、極端な糖質制限はリスクがあると話す医療関係者も多い。アンチエイジングライターのYu Suzuki氏も「糖質悪玉説」に疑問を呈する。

「まだ長寿大国だったころの沖縄は総カロリーの85%が炭水化物。太平洋の島に暮らすツキセンタ族は、総カロリーの約95%が炭水化物です。しかしいずれの部族も、糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞、肥満とは無縁だったというデータがあります。これで糖質ばかりをあしざまに言うのは無理があると思います」

 糖質制限と脂質制限、どちらの方法でも体脂肪の減少に大きな差はなかったという研究もあり、体質や食事の好みを踏まえて選ぶべきだという声もあるのだ。

次のページ 
「効果がない」と悪評が立ち始めている水素水

1
2





おすすめ記事