マネー

不動産より高リターンが見込める「土砂運搬船投資」とは?

 右肩上がりの経済成長はとうに終え、低成長時代に突入したニッポン経済。それでもバブルのごとく稼ぎ倒す強者は、少数ながら存在する。彼らは常人と何が違うのか――新型富裕層に秘密のスキームを直撃した!

<金森重樹さん…年収6453万円/土砂運搬船投資>
実業家。不動産投資に明るく、アパート一棟買い仲介会社やメガソーラー発電所を運営する。常に投資情報に目を光らせ、他人がやる前に実行する超行動型富裕層。『100%得をするふるさと納税生活』など著書多数

不動産はもはや天井! オルタナティブ投資に開眼


土砂運搬船

金森さんがリースに出す土砂運搬船。東京湾内を巡航する

「ここ最近のテーマは脱不動産。今市場に出回っている物件では高いリターンは見込めない」

 と話す金森重樹さんが最近熱心に取り組んでいるのは、オルタナティブ(代替)の投資先。投資妙味のある案件は探せばまだあるという。その1つが、土砂運搬船だ。

「プッシャーバージ船といって、平べったい船を1.3億円で購入しました。といっても手持ちの銀行株を担保に融資を受けたので、手銭は出ていません。1500t積載できるこの船は川崎―木更津間を巡航するのですが、土木会社に貸し出して、月に250万円のリース代を受け取っています。年間の利回りにして24%。これが10年間続くので、最終的には投資金額の約2.4倍になる計算です」

 船体は古く、2年で減価償却できるため税制面でもお得感がある。メンテナンスや保険料はリース先の土木会社が持つ契約で、ランニングコストもかからない。実にうまみの多い投資だと金森さんもホクホク顔だ。

「トラックだと10t積んで運ぶのにも1人ドライバーが必要でしょ。それが船だと一隻で1500t運べてしまうから効率がいい。何をするにも土砂の運搬は発生するので、需給が安定しているのもいいですよね」

次のページ 
山の持ち主に採掘料を支払う採石業者にも目をつける

1
2
完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活

どうすれば、何をもらえて、どれだけ得をするのか? ふるさと納税初のガイド本!


オススメお得情報

クレジットカード最強ガイド

1億円稼ぐ株式投資術最終案内

FX初心者に役立つFX投資入門




おすすめ記事