雑学

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

 2016年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。社会現象といっても過言でないほどのブームを巻き起こしたこのドラマ、年末年始に全話再放送されることが決まり、話題になっている。

 物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣演じる森山みくりが家事手伝いで雇われたことがきっかけで始まる。もともとは雇用主と従業員の関係の2人だったが、偽装結婚し、周囲にバレないように夫婦のふりをすることになった。だが、一つ屋根の下で暮らす2人は次第に惹かれ合っていき……というストーリーだ。

 同ドラマが流行っている背景には様々な要因があると言われている。主人公の星野源にときめく女性視聴者、新垣結衣の表情や動きにかわいさを見出す男性視聴者、そして一度見たら忘れられない2人が踊るエンドロールの「恋ダンス」など。

おっさんにも「逃げ恥」にハマる権利はあるのに…


 いずれにせよ、同ドラマは海野つなみ氏原作の漫画をもとにしており、若い女性が主なターゲットだった。だが、同作の人気がネット上で高まり、視聴率が上昇するにつれ、最近になって40代のおっさんたちがこのドラマを楽しそうに見始めているという。むろん、おっさんにもドラマを見る権利はあるのだが、もともと同作を好んでいた20代の女性たちに聞くと、このドラマに関連してイタい行動を取るおっさんが目立っており、それが看過できないと主張するケースも少なくないのだ。

 いったい、このドラマにハマる”逃げ恥おっさん”のどこにイラッとくるのか。その実態を20~30代の女性16人に聞いてみた。

次のページ 
「ガッキーかわいい」をキモいほど連呼

1
2
3





おすすめ記事