エンタメ

人気脚本家・遊川和彦が60歳を過ぎて“映画監督デビュー”をしたワケ

――俳優さんにも厳しい? 遊川:相手を追い込むのが好きなんですよ。最近は甘やかされてる若者も多いから(笑)。 ――現場でトラブルが起きたりはしないんですか? 遊川:トラブルは多々ありますよ。でもそんなことは別にもう恐れちゃいないので。トラブルの向こうに大きな喜びがあると思ってます。老い先も短いし、丸く収めてもしょうがない。今、現場では「丸く収めよう」という力が本当に強く働くので、あえて抗っているところもあります。 ――自分のアイデアに口を出されることもやぶさかではない? 遊川:「提案が面白ければ何でも直す。だから、台本が違うと思ったら言ってくれ」と言っています。そして、意見が対立したときは、最終的にはプロデューサーが決めるというルール。『恋妻家宮本』を撮るとき、阿部(寛)さんにも最初に「それがいやならやめてください」と言ったら「なんでいきなり喧嘩を売られなきゃいけないんだ?」と困惑していたらしい(笑)。で、天海(祐希)さんに「あの人はしょうがないのよ」って言われたって。天海さんは僕との仕事に慣れているから(笑)。 ※このインタビューは1/31発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです 【遊川和彦】 ’55年、東京都生まれ。テレビ制作会社ADを経て、’87年に『うちの子にかぎって…スペシャルⅡ』で脚本家デビュー。主な作品に『家政婦のミタ』『女王の教室』『純と愛』『魔女の条件』『GTO』ほか。『恋妻家宮本』が映画初監督作品となる 取材・文/木俣 冬 撮影/淺田 創 (c)2017『恋妻家宮本』製作委員会
1
2
週刊SPA!2/7号(1/31発売)

表紙の人/ 橋本マナミ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事