ライフ

女子中学制服、試着後の水着…メルカリに集まる10代女子を狙った“キモコメント”のヤバさを知っていますか?

4「試着はズボンの上からですか?それとも直接着用されましたか?」

 一度だけ試着したという女性用水着に対し、試着時の状況を尋ねる男性。肌が直接触れているかどうかで彼にとってこの水着の価値は大きく異なることがわかる。これぞ、「キモコメント」の極値だ。

肌に直接触れて試着しているのと、そうでないのでは大きな違いがあるらしい


5「匂いはあったほうがいいです♪」

 女性が1年前まで着用していた女子高生時代の制服。匂いフェチの男性は、「匂いはあったほうがいいです♪」と、堂々と性癖を披露。顔を合わせないと、人はここまで大胆になれてしまうのだろうか。

「匂いはあったほうがいいです♪」ハイテンションな匂いフェチの男もいるようだ

6「こちら運動に使っていたものですか?」→「ちがいます」→「今回は見送らせていただきます」

 こちらは、使用済みのアディダスのジャージを出品する女性へのコメント。運動に使っていないジャージは女性の汗が染み付いていないと判断したのか、購入をすぐにやめてしまった

若い女性のニオイ、汗はおっさん消費者から高い価値を持つのはブルセラ時代から変わらず

「向こうはこっちのことわからないから」と、ブルセラ感覚でサイトを使う男たち。専門のサイトを使わないのは、やはり素人を求めるが故なのだろうか。もし、我が子もメルカリでこのような変態たちと会話していたとしたら……親御さんたちは気が気ではなくなるだろう。<取材・文/山野祐介>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白