エンタメ

「るろ剣」作者の騒動で蒸し返される「ロリコン=悪」の考え方に、あえてモノ申す<カリスマ男の娘・大島薫>

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 いま、法と道徳が問われている。

 先日自身のツイッターで、こんなツイートをした。

Twitter

大島薫(@Oshima_Kaoru)より

<ロリコンもショタコンもそういう映像作品を持ってたら逮捕されるからって言って悪ではないって誰も言わないからボクが言お。法律だって誰かが作ったものなんだからそれが絶対の正義でそこからはみ出た自分は悪だなんてことない。いまだに同性愛で罰せられる国もある。そこに行けばボクだって犯罪者だ。0:30 – 2017年11月23日>

 こちらは先日の11月21日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で警視庁に書類送検された『るろうに剣心』の作者、和月伸宏さんの件を受けてのコメントとしてツイートした。

 しばしば、こういった論調については「ロリコンという変態趣味とLGBTで苦しんでいる人たちを一緒にするな」といった意見が飛び交いがちだが、ボクはまったくもってそう思っていない。

 それと、一番このツイートの趣旨としてお伝えしておかなければならないのは、「犯罪は犯罪だが、思想は罰せられるべきではない」という点だ。今回、和月さんが児童ポルノにあたる内容のDVDを所持していた点において、犯罪にならないと言っているわけでも悪ではないと言っているわけでもない。

 ただ、法治国家においてありがちな「法律に違反する思想を持つこと自体が道徳にも反している」という考え方が、一般的になるのは非常に危険だと思い、ああいったツイートを呟くにいたった。

 しかし、どうやらこのメッセージが社会に理解されるのに、いかんせんこの法と道徳の同一視が進み過ぎているらしい。

 そこでSPA!内のコラムを通じて再度、ボクの考えを書かせていただこうと思う。

同性愛が禁止されている国なら、ボクも犯罪者になる


 まず、大前提として法律とは人が決めたものであるということを認識する必要があるだろう。そう、神が決めたわけでも自然が決めたわけでもなく、人間が定めたもの、それが法律だ。そして、その法律はその国々によって違い、ある国では認められていることも、違う国に行けば犯罪になってしまうことも少なくない。

 それを持ってして、件のツイートの「国が違えばボクも犯罪者だ」という言葉に繋がる。

 現在、同性愛が禁止とされる法律が存在する国は70か国以上存在する。その中で、最高刑が死刑になり得る可能性のある国は7か国もある。同性婚がどうこうではない。同性愛自体が罪になるのだ。児童ポルノの単純所持を犯罪だから悪であると主張する人々のいう通りに「犯罪=悪」であるなら、それらの国々において同性愛者は紛れもなく悪人になってしまうことになる。

 ちなみに、日本でも過去に女装や男装を禁止する「異性装禁止令」や、肛門で性交を禁止する「鶏姦罪」などが存在した。少女が髪の毛をショートカットにするだけで罰せられるような法律が、この日本につい100年ほど前まで施行されていたのだ。

 ボクはそういった国や時代の存在を知るたびに、自分が日本にいなければ、もし時と場所が違えば、自分の存在自体を否定されるような法律と向き合わなければならなかったのかと考えたものだ。

 だからもって、LGBTだけが性的少数派として受け入れられ、理解されるべきという考えには懐疑的だ。思想は誰しもが持ち得ていい。犯罪になってしまう国であるなら、それを実行に移すかはまったくの別問題として考えるべきだ。

 法律に違反する要素のある性的指向や性的趣向を持っているからといって、なんら問題はない。たとえそれが幼い少女や少年に対する想いだったとしても、だ。

 しかし、ここでまたツイートに対し、違う観点のご意見をいただいた。

「同性愛は本人たちの意思でやってるけど、児童ポルノは被害者児童がいるんだぞ」

 これこそがまさに、法と道徳の同一視といえる。

次のページ 
AV強要問題にも通じる「判断力」という基準

1
2
★大島薫への相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。⇒投稿フォーム(https://nikkan-spa.jp/inquiry
※題名には「大島薫への相談」と記載してください。なお、いただいたエピソードは、日刊SPA!にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

大島薫写真集 大島薫に例のアレを着せてみた

男の娘、大島薫の写真集発売!




おすすめ記事