R-30

年収1000万円のヒラ社員。早大卒・50代男に出世意欲がない理由

 出世競争に巻き込まれるサラリーマン。だが、いつまでたってもヒラ社員というのはどういう気持ちなのだろうか。つらい? 問題ない? むしろ楽?

 そこで、SPA!では全国の「社員数50人以上」の会社で働いている40~54歳のサラリーマンの中から、役職についていない500人を抽出して調査した。40OVERでヒラという立場を「こんなはずじゃなかった」と嘆く人は少数で、「むしろよかった」という人が21%と多かった。そこで今回は肩書ナシでも生き生きと働く人々に直撃。その“強さ”はヒラ社員の希望となるか。

[中年ヒラ社員]も悪くない!

金遣いが荒く貯蓄はほぼゼロ。仕事のテーマソングは山本彩がカバーした「ひといきつきながら」

欲望を満たしながら現場主義で仕事をしたい!

杉澤勇治さん(仮名)53歳・外資系IT企業勤務・年収1000万円

 早稲田大学を卒業、大手外資系IT企業勤務と立派な肩書を持っているものの「出世意欲はない」と、一生ヒラ宣言するのは杉澤勇治さん。営業一筋20年だ。「世の中は、大企業でもリストラに怯える時代。ヒラでも社員として雇ってもらえているだけでありがたいことです。福利厚生も悪くないし、会社のブランドもいい」と不満はなく、出世も望まない。

「昇格するとピープルマネジメントが主な仕事となり、一人では自由に動けない。社内政治力が求められるのです。そもそも人をマネジメントするのは苦手。ダイレクトにお客さまと仕事するほうが楽しいし、魅力的なんです」

 外資系企業は、実力さえあれば現場仕事が一番稼げる。杉澤さんも年収1000万円。女と食に費やすお金だって、十分にある。

「嫁と10年前に死別以来、住まいは家賃も安い小さなアパート。月に約30万円の女性への出費が、一番大きいです。クラブで出会った某アダルト女優は、旅行に同伴させる仲。一回り年下の彼女のほか、遊べる女のコも常にいます」

次のページ 
どこにでもいるちょいデブのおっさんがなぜモテる?

1
2





おすすめ記事