仕事

40代でまだ夢追い中…バンドの年収20万円、派遣おじさんの描く将来像

 40代になれば、生活に余裕が生まれる……そう夢を描いていたが、人々の手取り年収は下がり続けている。年収400万円未満の“低所得おじさん”は増加の一途だ。70歳まで働かざるをえない時代に日本社会が抱える課題と当事者の生活に迫る。 岡田さん

親を金銭的に支える余裕はないので節約アドバイスを伝授

…岡田健司さん(仮名・46歳・独身)/派遣社員/年収320万円  SPA!が女性500人に調査を行い定義された“おじさん”年齢の42.9歳~55歳で都市部に在住し、個人年収400万円未満の男性300人にアンケートを実施。すると、14.3%が契約・派遣の形態で働いていた。非正規雇用によって低所得層が増加している、という予想を裏付ける結果だった。 ===== Q 雇用形態は? 正社員…35.3% 自営・自由業…32% アルバイト・パート…15.7% 契約・派遣…14.3% その他…2.7% 都市部在住の43歳~55歳で年収400万円未満の男性300人にアンケートを実施(以下、同) =====  SEとしてクライアントから受託した業務を請け負う岡田健司さん(仮名)も、大学卒業以来ずっと派遣社員だ。 「ネットやPCのことをわかっていれば、仕事にあぶれることはありません。今の職場は朝9時出勤で17時終わり、残業もなし。業務内容はつまらないですが、兼業しているので独身のうちはソッチで食えるようになったらいいなと思って頑張っています」  兼業の内容とは、学生時代から続けるミュージシャン活動。しかしライブで得られる収入は少なく、兼業と呼ぶには正直心もとない。 「自分のバンドのライブや別バンドのサポート、あとは音響の仕事などでの収入は年間20万円くらいですが、今のところSEとして正社員になろうとは思わないですね」 バンドマン そう明るく語る一方、派遣と派遣のはざまに数か月の間、収入がゼロになったこともある。 「確かにその時は貯金を食いつぶしてしまいましたが、食事や生活費を援助してくれた友人に助けられました。今は派遣先も安定していますし、貯金を再開して40万円くらいは貯まっています」  アンケート「貯蓄額は?」に対して、岡田さんと同じく貯蓄が50万円未満の人が24.4%。やはり岡田さんも将来に不安を抱いているのかと思いきや……。 「年金や孤独死など漠然とした不安はありますが、僕は今が楽しいし、“生涯の友”と呼べる仲間もいるので深刻には考えていません。親は70代中盤ですが、まだまだ元気でバイタリティがあって、介護とは無縁な印象です。たまに電話で連絡をとっていますよ」 ===== Q 貯蓄額は? 貯蓄なし 31.3% 50万円未満 24.4% 50万~100万円未満 8% 100万~200万円未満 5% 200万~300万円未満 4.3% 300万~500万円未満 7.7% 500万円以上 17.3% =====

70代の両親の面倒を見る気ゼロ

 元気とはいえ、高齢なので心配になることもあるのでは? 「妹夫婦が地元にいて、たまに面倒を見ているので僕の出る幕はないなと。でも、この前ヒザが痛いと言っていたのでグルコサミンのサプリを送りました。金銭的に支える余裕はないので、携帯料金が安くなる方法を教えたりと細やかな節約の手伝いをしています(笑)」  息子がこの調子だと、母親はおちおち病気にもなっていられないだろう。 アンケート/エコンテ <取材・文/週刊SPA!編集部> ― [低所得おじさん]の絶望 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事