ライフ

1円もかけずに、一瞬でおしゃれになるルール3つ

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第236回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回は1円もお金をかけずにおしゃれをする「無銭おしゃれ」を3つ紹介します。特に夏に使えるテクニックを伝授! お見逃しなく!

▼流行りの「タックイン」で大人っぽさをプラス!

「おっさんの象徴」であったタックインが近年復活の兆し! 中目黒や代官山などイケてる男子が集まる街では、Tシャツやポロシャツのタックインスタイルを頻繁に見かけます。若い子だけのトレンドかと思いきや六本木や麻布などを歩くイケてる30代以上の男性にもこの流れは到達。「タックイン=ダサい」という認識は過去のものになりつつあります。  タックインのトレンドは「ビッグシルエットの飽和」からも来ています。90年代のスケーターファッションがリバイバルし、ビッグシルエットのトレンドが復刻。若い人の一過性トレンドかと思いきや今では50代以上に向けたトラッドブランドでさえ、サイズ感が大きくなってきており、またユニクロやGUなどの量販店もビッグサイズが頻繁にラインナップに乗ってきています。  しかしながら、ビッグサイズはどうしてもカジュアルで子供っぽく、だらしない印象で見られてしまうもの。そこで、ここ数年流行っているのは「リラックスサイズのタックイン」。ゆったりとしたサイズ感でもタックインすることで少しだけ大人っぽさをプラスでき、スケータースタイルのルーズな子供っぽさをカバーすることができるのです。  今回、私がタックインしているTシャツもサイズ感はややゆったりめのもの。スラックスにインすることでカジュアルなボーダー柄のTシャツも大人っぽくすっきりした印象に。 夏のおしゃれ 夏のおしゃれ インした状態と、インしない状態を見比べて見ると一目瞭然。インした方がすっきりと大人な印象でスタイリッシュに感じるでしょう? 夏のおしゃれ 夏のおしゃれ 例えば、ルーズなこんなスタイルでもインするとしないで、かなり印象の変化を作ることができます。まさに「無銭おしゃれ」の代表格! 今年はタックインをぜひ試してみて!
次のページ 
「前髪アップ」でドレスアップ!
1
2
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事