ライフ

東大生の親ほど受験中でも家事をさせる。“きちんとした日常”が成功の近道に

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

受験勉強も傍ら、家事もこなしていた東大生

 今回のテーマは受験生こそ家事に積極的に取り組むべき理由です。多くの方が「受験に勉強以外必要ない!」と考えているかと思います。でもこれ、実は違うんです。東大生の親はむしろ受験中の我が子に家事をやらせるのです。 「東大生は地頭がいいから家事をしながらでも、東大に受かるんだ!」と思ったあなた、それは違います。本当はこの家事の時間にこそ、東大合格の秘訣が隠れているのです。 『ドラゴン桜』というマンガがあります。「落ちこぼれの学生たちが一念発起して東大を目指す」というストーリーで、受験テクニックや勉強法、子育ての仕方に至るまでかなり幅広く「東大に入るための方法」が紹介されています。こちらの漫画の製作には、実は僕も少しだけお手伝いをしています。  その『ドラゴン桜』の続編にあたる『ドラゴン桜2』第5巻には、東大合格へと導く教師が生徒の親に対して「受験生の親」としての心構えを説くシーンがあります。 ドラゴン桜2 ドラゴン桜2 ドラゴン桜2ドラゴン桜2
次のページ
「東大合格必勝法 家庭の10カ条」の真意
1
2
3
4
5
東大式節約勉強法~世帯年収300万円台で東大に合格できた理由~

目標達成のための最短ルート、最小コストの具体的な方法が満載!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事