ライフ

ドラゴン桜「ヤンキー2人組も東大に合格する」と東大生が確信する3つの根拠

根拠③「勉強の習慣がついている」

 彼らにはまったく勉強の習慣がありませんでした。しかし、生徒のために奮闘する桜木先生や、その激励を受けて全力で勉強に取り組んでいく東大専科チームに感化されて、自分から学習するようになります。  これこそが東大専科チームと彼らとの最大の違いになります。  もともとは同じ落ちこぼれでも、東大専科チームはあくまで桜木先生からのまっすぐかつ強烈な啓発があってこそ、勉強に臨んでいました。しかし、彼らヤンキー2人組は東大専科チームの頑張りに感銘を受けて、自分たちで参考書を用意し、勉強するようになったのです。

モチベーションと主体性を兼ね備える

 勉強というものは正しい方法で努力すれば、誰でも成績が上がります。しかし、それでも「勉強が得意」という人はなかなかいないでしょう。  それはある程度以上の長い期間、じっくりと腰を据えて取り組む必要があるためです。この「長期間継続する」ということを実現するために欠かせないのが、何よりも「自分から勉強に取り組む」というモチベーションと主体性なのです。  その意味で、彼らは作中の誰よりもポテンシャルがあるといえます。
次のページ
2人の学力は1年で十分に挽回可能
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事