お金

借金500万円男。借金裁判の後処理で裁判所に行き叱られる

―[負け犬の遠吠え]―
ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。 それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。 「マニラのカジノで破滅」したnoteが人気を博したTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載は57回目を迎えました。  今回は裁判所で怒られたお話です。

ホテルは追い出されない……

裁判所 福祉の範囲でホテルに住んでいる人たちがオリンピックのために追い出される、という記事が泡沫のネットサイトでアップされたらしく、方々から 「もうホテル暮らしできないな、ざまあみやがれ」 「泊まるとこ無いならウチ来る?」  といったメッセージをたくさんもらうのだが、僕は一応健康的に働きながらホテル代を自腹で払っているので追い出される心配はない。  正直なところ、コロナ禍での仕事の探し方に順応さえしてしまえばいろんなものが安くなっているので、以前より住みやすいのではないかとさえ思えてくる。  贅沢をしない以上、外食産業に対する締め付けも貧困の身の上には関係がなく、ホテルのテレビで見るニュースやネット上に蔓延する怒りや悲しみを見ても、自分の身の回り以外は対岸の火事に見えてしまう。  明日にしがみつくために両手が塞がっているせいで、同じ方向に挙げる手が足りない。こうしてどんどん社会からはみ出していくのだろう。精神性から真に孤独になる原因は犯罪よりも貧困なのかもしれない。

7月にやったことは2つ

 貧乏なのにホテルのニュースを見るほど暇なのか、と思った人もいるだろう。  これが不思議なことに、暇だ。  6月で全ての仕事が途切れてしまった。  工事現場はいつか完成するし、事務職も繁忙期を過ぎた。フリーターの辛いところである。人が必要なときには作業員として何の責任も負わずに働けるが、必要がなくなれば契約は終了する。一回ぽっきりでお互いに依存しない、東京らしいさっぱりした関係だ。  やることが見つからなくても月末には金がもらえたサラリーマン時代を思い出す。当時は出社そのものが億劫で、「金をもらうために仕方なく毎朝早起きしている」と不貞腐れていたものだが、今思うと玉のような時間だった。人は過ちを繰り返す生き物だから、これも失ってから気づいた。  7月にやったことは大きく二つ。「仕事探し」「借金の裁判の後処理」だ。  仕事を探すのには、本来莫大なエネルギーが必要となる。まだ借金がなかった頃は1日を生きるコストが低く、大学生の友達と一緒に土日の派遣アルバイトを探してダラダラパチスロを打っていたが、今の僕は最低限の「衣食住借」の確保のために毎月15万以上を用意しなければならない。各カード会社との裁判を終え、「2か月以上未払いが続いたら利息が復活するし、もっとたくさん請求する」という内容の判決を出されているので、立ち止まっても1か月が限界だ。
次のページ
何もしない至福の1週間
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事