R-30

自己破産した派遣社員の「無計画すぎる借金生活」 クレジットカード8枚を焦げ付かせ…

 ’10年の改正貸金業法の施行で消費者金融業者が凋落した一方で、銀行カードローンが大幅に伸びている。コンビニやATMで気軽に借りられることもあり、うまく使えば強い味方になる一方で、年収を超すような借金を抱える人も……。ここでは、「年収オーバーどころか、自己破産までしてしまった人」のケースを紹介しよう。

【借金額 474万円】
薄給に耐える派遣社員。カード8枚を焦げ付かせた末に、自己破産

~ 小松隆明さん(仮名・45歳)/派遣社員/年収270万円 ~

正社員時代にクレジットカードを量産。8枚のクレカを焦げ付かせることになった原因とは!?

カード会社からの請求書。ズラリと並ぶ「リボ」の文字が壮観だ

 派遣社員として10年来働く小松さんが自己破産をしたのは、昨年8月のことだ。そもそも彼の借金生活の始まりは、20年前に作った銀行カードローンにある。

「銀行で勧められて、軽い気持ちで始めました。当時は正社員だったので与信枠も大きく、200万円借りることができたんです。返済は順調でしたよ。さらに、もしものときの保険として、信用があるうちにクレジットカードをたくさん作っておくことにしたんです。だから’06年の時点で7枚のクレジットカードを持っていました」

 その後、リストラで正社員職を失って派遣社員になった小松さん。彼にとって明らかに多すぎるクレジットカードは、保険というよりもむしろ、もろ刃の剣になった。

「給料が全然上がらないうえに、ときには無職になる期間もありました。ハローワークの職業訓練手当ても受けていたのですが、やはり頼みの綱はキャッシングで……。次第に麻痺して、借金が預金から引き落とす感覚になり、気づいたら300万円を超えていたんです」

次のページ 
返済額と月給が同じ15万円に…

1
2
週刊SPA!8/9号(8/2発売)

表紙の人/ 生駒里奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事