ライフ

東大生が感動した「楽しみながら、教養が身につく傑作マンガ」ベスト3

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

子供の頃にはその面白さに気づけなかったこと

東大 皆さんは博物館や美術館などに行くことは好きでしょうか? 僕のこれらの場所に対するイメージは「社会科見学などで連れていかれた場所」でした。  小学生当時の僕からすれば、よくわからない陶器や絵、巻物などが飾ってあるだけですし、静かにしなくてはいけないというのもなんだか息が詰まりそうで、正直まったくつまらなかったのです。  唯一、今はもうなくなってしまった交通博物館だけは大好きでしたが、それも電車がかっこよかったから。歴史や文化に興味のない子供時代の僕には、まだまだ訪れるには早すぎる場所でした。

知識や考え方を手に入れると見え方が変わる

 しかし、大学生になってから授業の課題でこれらの建物を訪れる機会があり、そこから見方が変わりました。  受験時代に身に着けた知識や考え方のおかげで、ただの味気ない土くれや絵の具の塊にすぎなかった展示品が急に生き生きと輝きだして見えるようになったのです。  今から考えると、「もっと博物館などに通っていればなぁ」「非常にもったいないことをしたなぁ」と思います。せめて、そういった場所に対して興味を持つようなきっかけがあれば、よかったのに……。  そこで、今回人から子供までに新たな知識や教養に興味を持つきっかけになる「知的好奇心を刺激するようなマンガ」を3作品ご紹介します!
次のページ
教養が身につく「傑作マンガ」
1
2
3
4
5
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白