「アイドルヲタはキモい」は過去の話。現場に女性ファン急増、ヲタ同士の恋愛も

◆実はすぐ横にいたアイドルより可愛い女のコたち

アイドルより可愛い[ドルヲタ女子]の落とし方 かつてアイドルのファンといえば、ダサい、キモい、恥ずかしいというレッテルを貼られ、堂々と胸を張ってアイドルファンであることを公言することは憚られる時代があった。しかし、今はどうだろう。

 ここ数年のアイドルブームを牽引したAKB48はもとより、Berryz工房などのハロプロ系、文化系女子から高い共感を得ているでんぱ組.incなどのサブカル系。ももいろクローバーZに至っては、女性限定イベント「女祭り」で昨年は大阪城ホールを女性ファンで埋め尽くすなど、女性も参入するほど一般的なものになった。

 これに関して、アイドルに造詣が深く、自身もアイドルイベントの司会やトークショーも興している掟ポルシェ氏はこう分析する。

「2000年頃、モーニング娘。をはじめとするハロプロ勢のブレイクによって、一度は下火になったアイドルというジャンルが復興しました。ミニモニ。等を子供の頃に見て育った世代なため、アイドル文化に抵抗がない。アイドルヲタになるハードルも下がり、女性ファンも自然と増えたんだと考えられます」

 NMB48のファン歴5年の小谷里歩さん(仮名・21歳)は、「握手会で並んでいるファンたちが何度も通ううちに顔見知りになって、飲みに行くようになり、親密な仲に発展したヲタ仲間もいます」と言う。

「ヲタの中にもいろんな人がいて、自分の推しに真っしぐらで、ひたすら古参を気取る人はあまり好きじゃないですが、自分の話に共感してくれて心に余裕のある人なら恋愛は全然ありだと思います」

 アイドルファンであることが一般的になり日陰の存在ではなくなった今なら、ひょっとしたら、アイドルより可愛いドルヲタ女子を落とすチャンスは転がっているかもしれないのだ。

<可愛いドルヲタ女子の多い現場>

●AKB48(AKS系)
接触&認知厨から、アイドルになりたい系女子まで、ドルヲタの巣窟ともいえる現場。宮澤佐江など女子人気の高いメンバーには「ガチ恋」を思わせる雰囲気も

●Berryz工房(ハロプロ系)
℃-uteを含め、20代前半の女のコたちが憧れている率が最も高いアイドルグループ。なので、推しメンなんて軽い雰囲気よりも、羨望の眼差しを感じさせる

●でんぱ組.inc(ディアステージ系)
最も女のコが増えている現場。メンバー着用のセーラー服風衣装のコスプレや、最上もが風の金髪少女などトレース系女子も多い。プロレス女子とも親和性が

●ももいろクローバーZ(スターダスト系)
ももクロや私立恵比寿中学などスタダ系しか見ない、行かないという普通の女のコが増殖し続けている。もはや、アイドルへの気恥ずかしさはゼロの現場

【掟ポルシェ氏】
おきてぽるしぇ●’68年生まれ。ミュージシャン、タレント、司会、文筆家等。アイドル関連の仕事も多く、アイドル曲オンリーDJ 、アイドルイベント司会や楽曲のリミックスも手がける。最新刊は、掟ポルシェ最低コラム集『出し逃げ』をインディーズ出版レーベルおおかみ書房より上梓(通販のみで受付)

― アイドルより可愛い[ドルヲタ女子]の落とし方【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中