ライフ

「よかったら一緒に観光しない?」――46歳のバツイチおじさんは国連に勤める才女から突然デートに誘われた【第26話】

ゲストハウスに戻ると、共用スペースで25歳くらいの女性がスリランカの男性と話していた。 気にせずスマホを見ていると、その女性が唐突に声をかけてきた。 女性「ハイ!」 俺「ハーイ!」 女性「どこの国の人?」 俺「日本だよ」 女性「おー日本! すごくいい国だね」 俺「ありがとう! そちらは?」 女性「ノルウェー」 俺「ノルウェーか。ぜひ行ってみたいな」 女性「ところで、明日って空いてる?」 俺「え? 特に予定はないけどなんで?」 女性「今、トゥクトゥクドライバーと話をしていて、明日、トゥクトゥクを1日貸し切る交渉をしてるんだけど、二人だと金額が半分でいけるでしょ? よかったら一緒に観光しない?」 俺「……うん。いいよ」 女性「おーー! ナイス!! じゃあ、明日の朝7時にゲストハウスの一階ね!」 声をかけてきた女性の名前はギチ。 ノルウェーの首都オスロ出身で国際連合に勤める才女だ。 仕事柄、世界のいろんな国で働いているらしい。 交換したfacebookを見ると友達が1800人を超えていた。 なかなかコミュニケーション能力が高い女性のようだ。 こうして嵐のようなスピードで彼女との観光デートが決まったのだった。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1147555

国連に勤めるノルウェー出身の才女・ギチ

翌朝、ゲストハウスの一階に行くと、俺の分の朝食を持ったギチとトゥクトゥクドライバーが立っていた。 ギチ「はい、朝食」 俺「え? あ、ありがとう。お金はどうしたら…?」 ギチ「気にしない気にしない。行こうか! ミスタートゥクトゥクドライバー! よろしくね~」 ドライバー「オッケー! 俺のトゥクトゥクは普通のと違ってクールだぜ」 彼のトゥクトゥクはアメリカンな国旗とパイレーツ・オブ・カリビアンのジョニー・デップが内装にがっつり施されていた。

アメリカンなトゥクトゥクの珍しい内装

こうして不思議なトゥクトゥクを貸し切りながらの、ギチとの観光デートが始まった。 ギチ「あなたはこの海賊号のキャプテンね。あなたをキャプテントゥクトゥクと命名するわ」 ドライバー「オッケー。ようこそ私の海賊号へ。これから大冒険に案内するよ!」 ギチ「ヨロシク! キャプテントゥクトゥク!!」 俺「……」 突然のこのノリにかなり面食らったが、居心地は悪くなかった。 ギチはさすが国連で働いてるだけあって、どうしたらスリランカの人々と仲良くなれるかを熟知している。 俺はコロンボでトゥクトゥクドライバーと金額交渉の末、大喧嘩してしまった。 しかし、ギチはドライバーと上手に付き合う。 途中、ドライバーと観光スポットが癒着してるんじゃないかと思われる場所に連れて行こうとすると、「そこはいいよ!キャプテン」とセンスのいいジョークで笑いに変えた。 やがてトゥクトゥクドライバーの心は開いていき、最初はただの観光客としか思っていなかったギチを、途中から仲の良い友達のように扱いだした。 「こんなスマートな女性、今まで出会ったことないかも!」
次のページ 
ギチとの観光を楽しむ
1
2
3
4
5
6
7





おすすめ記事