ニュース

クルマの中古パーツを売ったら、まさかの盗品! 日常の中で逮捕される危険性

 できることなら平穏な毎日を過ごしたいものだが、一寸先は闇。

 自分に犯罪を犯す意図はなくとも、ある日突然容疑者にされてしまうケースがある。

 実際に、見ず知らずのことで、危うく逮捕されかけてしまったという木島勇介さん(仮名・36歳・ライター)に話を聞いた。

クルマの中古パーツを売ったらまさかの盗品! 日常の中で逮捕される危険性 木島さんは、今から約10年前に「盗品等有償処分あっせん罪の疑い」で危うく逮捕されかけたという。

「車が趣味で、当時は地方に住んでいたこともあって、自家用車を3台所有していました。あるとき、地元の元同級生と職場の同僚から『車の部品を売りに行こう』と誘われたんです。僕も使っていないタイヤがあったので、同級生の車に積んで中古品を取り扱うパーツショップに売りに行くことに。3名がそれぞれ書類の手続きをするのは面倒なので、僕が代表して記入し、まとめて売りました」

 それから2週間ほどたったある日、職場に私服警官とスーツ姿の警官4名がやって来た。「なんで来たか分かっているよね?」と聞かれた木島さんだが、心当たりは全くない。

「言われるがまま、ミニバンに乗せられて警察署に連行されました。職場はざわついていましたね。取り調べではコワモテの刑事が出てきてビビりましたよ。そこで分かったのが、パーツショップで売った部品が盗品だったということ。どうやら、同級生と同僚の2人が民家の軒先に積んであったタイヤとホイールを盗んできていたようで、被害届が出されていました。刑事からは、僕が車を3台所有していたため、維持費に困っての犯行と疑ったのか、なぜ複数台車を持っているのか根掘り葉掘り聞かれました。なぜって、好きだから持っていたんですが……」

次のページ 
いきさつを話したところ…

1
2




おすすめ記事