マネー

ふるさと納税の達人が明かす“得する極意”――12月が「ふるさと納税のハイシーズン」になるワケ

自宅に届いた返礼品に囲まれる金森さん

 寄付をすると米や肉、酒がお礼として自宅に届き、2000円を超える分は翌年の住民税や所得税から減額される――まさに夢のような制度として注目を浴びる、ふるさと納税の人気は上昇の一途を辿っている。2016年の寄付金総額は、3000億円を超える勢いをみせており、これは2015年の寄付金総額1653億円に比して約2倍におよぶ。

 自治体が用意する返礼品のグレードにも磨きがかかり、もはや「やらなきゃ損!」と言い切れるふるさと納税。これまで全国の自治体に2000万円以上寄付をし、ありとあらゆる返礼品を受け取ってきた金森重樹さんは、ふるさと納税を知り尽くした達人として名を馳せる。

「年収や家族構成によって、“2000円を超える分がキャッシュバックされる”枠が決まります。この金額を把握することが第一歩。こうして予算を決めた上で、返礼品選びに取りかかりましょう」

 たとえば同じ年収500万円の給与所得者でも、独身や子供のいない共働き(=配偶者控除がない)ならば、6万円が上限枠。ところが、既婚者(男性)で妻が専業主婦、子供が高校生というケースでは、3万8000円となる。後者のケースでも、

・新米(コシヒカリ)20キロ(1万円)
・鯛しゃぶセット(5000円)
・日本酒1升×3本(1万円)
・豚肉5キロ(1万円)


が実質2000円でもらえるのだから、お得度は計り知れない。

次のページ 
12月が「ふるさと納税のハイシーズン」になるワケ

1
2
ふるさと納税最強ガイド 特産品BEST200

「特産品別」「年収別」「季節別」返礼品の選び方をわかりやすく指南


100%得する[ふるさと納税]最強ガイド

全国各地から取り寄せた特産品300選をカタログ形式で紹介!


100%得する[ふるさと納税]完全ガイド

手続きがいまいちわからない初心者から、最新情報を仕入れたい中・上級者まで、すべての納税者必読の本書。


2015年改訂版 100%得をするふるさと納税生活完全ガイド

新制度でお得度が2倍!





おすすめ記事