雑学

警察も自治体も助けてはくれない…増え続ける「住民同士の騒音トラブル」

 ここ最近「騒音」によるトラブルが全国的に多発、中には殺人事件にまで発展するケースもある。その多くは、かつては「騒音」ととられなかったものが原因となっている。しかし、自治体はほとんど何もしてくれず、警察に通報して大ごとになれば身の危険が伴うことも。果たして、解決策はあるのだろうか?

騒音トラブル

騒音が原因の住民トラブルが急増。警察も自治体も頼りにならない!?


 派遣OLのAさんは、自宅マンションの隣の部屋から響くテレビやゲームの音に悩まされていた。毎日深夜から明け方まで、大音量で響くのである。たまりかねたAさんは大家さんに「少し音量を下げるように言ってほしい」と頼んだ。

「すると、しばらくして自宅の郵便受けにゴミが入れられるようになったんです」(Aさん)

 そこで再びAさんは大家さんに相談。隣の部屋の音量は変わらないこと、さらにゴミが入れられた一件を伝えた。

「その次の日から、隣の部屋から『今から殺しに行くからな!』といった大声が聞こえるようになったんです。壁をドンドン叩かれ、私が別の部屋に移動すると今度はその部屋の壁を叩いてきました。もう本当に怖くて……」

 友達や大家さんには、録音して警察に通報することを勧められた。

「でも最近、騒音トラブルが原因で殺人や傷害事件になったニュースをよく見るので、大ごとになるよりは……と思って、すぐにそこから引っ越しました」

 彼女の例のように、特に賃貸の場合は、大ごとになるのを避けて泣き寝入りすることも多いようだ。

 騒音が原因となって大事件に発展するケースも増えている。昨年9月、北海道旭川市で32歳の娘が、同居の母とその両親の3人を刺殺した。娘は交際相手を巡って母親ともめていたのと同時に、警察には「家族の生活音がうるさい」と何度も相談していた。人間生活に必要な「音」が騒音となったとき、他人どころか家族の命までも奪う時代になったのかと身震いさせられるような事件だ。

 また、今年8月17日に起きた小田原市の殺人未遂事件も、最初は2つの風鈴から始まったものの次第にエスカレート、最後には注意された側が逆切れして殺人未遂で逮捕されてしまった。

 これらは殺人や殺人未遂までいったケースだが、そこまでいかずとも、騒音を巡って住民関係が険悪になった事例は数多い。

 騒音の原因として多いのは、車のエンジン音、犬の鳴き声と子供の声。この3つだけで全体の半数を占めている。

<迷惑に感じる騒音の発生源>
※騒音問題総合研究所の調査による

自動車 23.2%
犬 15.5%
子供 12.3%
店舗 6.7%
テレビなど 5.6%
エアコン室外機 3.5%
学校 2.6%
ヒートポンプ 1.5%
その他 29.1%

次のページ 
犬や子供の声は原因の中心だが今や除夜の鐘までも

1
2
3




おすすめ記事