ライフ

ボッタクリ風俗で遭遇した、「天変地異」――patoの「おっさんは二度死ぬ」<第42話>

 明らかに、ボッタクリたいメニューは決まっていて、お話ししたから1000P、手を握ったから5000Pとありそうなメニューだけしっかりと設定し、その他は適当に考えたみたいなものが並んでいました。普通に上半身脱いでもらって話をして手を握って合計9000Pくらいを取りたいんだろうな、という感じのメニューでした。 「このPってなに?」  僕の質問が核心に迫ります。これも革命軍が得意気に説明してくれたのですが、なんでも1000Pはそのまま1000円と考えてもらっていいようなのです。  ただし、現金をやり取りすると警察のガサ入れがあったときなど、摘発を免れない。じゃあ、現金でのやり取りをやめ、Pでやり取りしようと、考えたようなのです。  どうもこのお店は三店方式みたいなものを採用しているようで、例えば僕が革命軍とお話しすると、1000Pが与えられます。これはなぜか麻雀の点棒でした。で、その点棒を持って隣の部屋にいくと、点棒分の料金を支払うことになるようです。  点棒を貰うこちらの店と、点棒で金を徴収する隣の店は無関係。あくまでもこちらは点棒を配布しているだけ、というカラクリのようです。それで摘発を免れるのかはわかりませんけど。  「全く注文しないってのはダメなの?」  そう聞くと、革命軍は首を横に振ります。  「最低でも3つは頼まないと、怖い目に遭うよ」  そう言い切りました。やはりお話、上半身裸、手を握る、で9000P、9000円ボッタクリたいようなのです。入口で6000円払っていますから、合計で15000円取りたいわけです。ボッタクリとしては安めの設定ですが、それくらいだと事を荒立てる客も少ないのでしょう。  「じゃあはやく3つ選んでね~」  革命軍が、革命に成功したみたいな顔で言います。どうせ、お話か上半身裸か手を握るだろ、という余裕が伺えます。ここがチャンスです。この間隙を思いっきり突きましょう。  「じゃあ天変地異で」  「え!?」
次のページ 
この低クオリティはもはや芸術である
1
2
3
4
5
pato「おっさんは二度死ぬ」

“全てのおっさんは、いつか二度死ぬ。それは避けようのないことだ"――

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事