ライフ

夏は冷やしラーメン。“煮干し昆布水”つけ麺が冷え冷えで…あぁ幸せ/CLAM & BONITO 貝節麺raik(杉並)

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。 麺すすり子 暑い日も少なくなり、夏の終わりがひしひしと感じられてきました。みなさん夏の風物詩「冷やしラーメン」は食べましたか?まだ食べてない?それはしっかりダッシュで駆け込んでいただきたいです。ということで、今回紹介するのは見た目も風味も清涼感たっぷりな「冷やしつけ麺」です。
CLAM&BONIT貝節麺raik

方南町にある『CLAM & BONITO 貝節麺raik』にお邪魔しました

 そのつけ麺を提供するのが、方南町駅にある「CLAM & BONIT 貝節麺raik」(クラム&ボニート かいぶしめん ライク、東京都杉並区方南)。店主の郡山さんが「多くの人に『好き』になってもらえるお店にしたい」と思いで命名したそう。オシャな外観とキュートな店名にバイブスも上がります。

味も見た目も清涼感「冷やしつけ麺」

冷たい煮干しのつけめんwith昆布水

冷やし煮干つけめん(1000円)

 さて、そのつけ麺がこちら!ビジュアルから清涼感が溢れ出して止まりません。これにご対麺することで、夏という季節のサイコーさを実感します。昆布水に浸った全粒粉細麺です。高ぶった気持ちと体温をクールダウンするべく、いただきます。  すすり子流つけ麺の食べ方はまず、麺を何もつけずそのままでいただきます。く~~小麦のイィ~香りが口から鼻から脳まで伝わって、たまんねぇ!冷たい全粒粉麺なんて、もう絶対、確実なおいしさなんですが、この快感を懲りずに続けてきた結果が今のわたしなんですね。幸せです。
貝節麺つけめん

昆布水に浸かった全粒粉麺

 見てください、こんなに昆布水に浸っちゃった麺を。これはエロい。今、業界で流行中の昆布水です。この昆布水は、煮干しの味が出るように出汁加減をつよめにしているそう。
貝節麺つけ汁

味覚から視覚まで、清涼感をダメ押し

 そしてこのつけ汁、いわゆるキンキンに冷えてやがります。器までキンキンに冷えてやがる上に、三つ葉とネギで、目からの情報まで清涼感をダメ押ししてくれます。ありがとう。  この麺をつけ汁につけて、2度目のいただきます。ん~~!つけ汁の煮干しがキリッと効いてます!ビター感もあるのにスッキリしていて、「冷やしとの相性こんなにいいの~!?」って思いながら昇天します。冷たいつけ汁だから、湯気は昇ってこないのに、こんなにニボが効いてくるんだから本当にすんごい。  デフォルトのメニューで使っている貝や鰹節などは一切使っておらず、4種類の煮干しをふんだんに使っているそうです。すすり子、納得のニボ感です。麺もつけ汁もひんやりなので、火照った体が気持ちよ~くクールダウンしていきます。
次のページ 
夏限定の煮干しつけ麺。急げ!
1
2
CLAM & BONIT 貝節麺raik
東京都杉並区方南2-21-21

火曜~木曜11:30~15:00 / 18:00~22:30
日曜・祝日11:30~15:00 / 18:00~21:00
月曜定休
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事