フェイスブックただ今

 あの無責任なお手軽さ匿名性からくる(のであろう)垂れ流し感

どうも気にくわなくて、

ツイッターには手を出せなかった私だが、

フェイスブック

には、わりとハマっていたりいる。

 どう楽観的に考えても、現段階で最大限有効活用できているとは思えないのだが、

とりあえずこのブログにさえ書く価値のない

そんなの知りたくねーよ!

といった、徹底的なまでに無益俺情報を発信するのが

フェイスブックの正しい利用法だと、自分なりに解釈している。

 ただ、同じそんなの知りたくねーよ!でも、

1.本気で知りたくない情報

2.知ったら知ったで、ちょっとイラッとくる情報

3.別に知りたくないけど知っても損はしない情報

くらいのヒエラルキーは確実にあると思う。

 もちろん言うまでもなく、私が志すのは

1、2あたりのそんなの知りたくねーよ!だが、

この俺情報の分類には、大なり小なりのセンスを問われることになるだろう。

 もし、自分のセンスに忠実に、フェイスブックを続けるのなら、

あまりのそんなの知りたくねーよ!ぶりに、

やがて読み手が辟易し、業を煮やし、

そして誰も読まなくなった……

というサッドな結末を迎えるのが、じつは一番の美しいかたちなのではなかろうか。

 しかしながら、あの「友達」って言い回しだけは、気持ちが悪い……。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


七 − 2 =