美しすぎる転倒

池袋の東口近くの
大きな交差点で
かなりダイナミック
転けてしまった。

信号が赤に
変わろうとしていたので、
急いで
駆け抜けようとしたら、
ズボンのロールした
ポケットの部分に
つま先を引っかけてしまい、
大転倒した

といういきさつである。

でも、そこから
私が凄かったのは、
その転倒に

身体を逆らわせず、
むしろ
自ら積極的に
勢いに任せて
前方へのめり込み、
くるっと一回転して、

高校時代の
必須体育授業だった
柔道で覚えた

完璧な受け身をこなし、
またすくっと立ち上がって、
なにごとも
なかったかのように
その場を去ったのであった。

もちろん、
全身無傷で、

「ワシもまだまだイケるな」

自画自賛
惜しみなく
自分に贈りたい。

だって、
50歳を過ぎて
転けたら、
普通は

骨折→入院

コースであるからして。

お気に入りの
ピンクのパソコンカバー
ぱっくりと
割れていたが……。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


9 + = 十八