てまんじゃないもん

 右手で望遠鏡のような筒をつくって、
その筒の中に左中指を入れ、
グルグル回す……

 さて、私はなにをしているのでしょう?

 そう! 

 答えは、ドラムのレギュラーグリップのトレーニングだ。

 これをすれば、手首の回転だけで
力強くて正確なビートを刻めるようになるのである。

 そして私は近ごろ、歩いているときも、電車のなかでも
ヒマさえあれば、

ぐりぐりぐりぐり……ぐりぐりぐりぐり……

ヤッている。

 ところが!

今日、山手線に乗ってグリっていると、

となりのギャル2人組が私のほうをチラチラ見ながら、

なにやらヒソヒソ耳打ちしているではないか。

 しかも、小声で「手マン」という単語が漏れ聞こえてくる。

 どうやら、

私は中指で女性のヴァギナを刺激するトレーニング中

だと勘違いをしているらしい。

 気のせいか? 自意識過剰過ぎなのか?

 ただ、言われてみれば、たしかにこの手つき、

手マンそのもの

で、右手のひらが汗ばんだりしてくると
妙にエッチな気分になってしまう。

 楽器の上手い男はセックスも上手い

ってのは、おそらくこーいうことを言うのだろう。

女性器を傷つけない手マンの練習?

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


八 × = 16