瓦礫っていわれても…?

 流行語大賞の季節がやってきた。

 私はこの時期の、つまり

流行語大賞ノミネート

の段階で挙がってきた60ほどの言葉を流し見するのが、
意外と嫌いじゃない。

 精選されて凡庸に仕上がったモノではなく、

今さら?

みたいな明らかに時代感覚のズレまくる懐言や、
字面にすると素っ頓狂で思わず失笑してしまう珍言
少なからず混じっているからだ。

 今年も、

「おねえキャラ」「推しメン」「どや顔」「ぽぽぽぽーん」「君、きゃわゆいネェ」……

といった豪華なラインナップが私の目を和ませてくれたわけだが、

ちょっと待ってほしい!

「瓦礫(がれき)」

ってえのは、どうなのよ?

 震災ネタが多くなるのは当然だろう。

 そこに関してまったく異論はない。

 でも、「復興」だとか「節電」だとか「脱原発」だとかとは、
なんかニュアンスが違わなくないか?

 キャッチフレーズ感が微塵も感じられない
状況説明のため頻繁にメディアで使われただけの
単なる名詞、単語ではないか?

 私的には、

「軍団炊きだし」

のほうが、断然イカしていると感じるのだが……?

デイリースポーツより。2011流行語大賞ノミネート60語(順不同)

2011.11.14 |  4件のコメント

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

“瓦礫っていわれても…?” への4件のフィードバック

  1. えみ@ より:

    この記事、そのまま漫才のネタになりそうです!
    瓦礫て、瓦礫て何やねん。
    いつ流行ってん、瓦礫って言葉。
    流行ったんは圧倒的に、軍団炊きだしやろー!
    みたいな(‘∀‘ )

  2. gomesu より:

    それっぽい理由はついてましたけどね。忘れちゃいました。つまり、忘れるくらい説得力がなかったってことです。(ゴ)

  3. かぶたん より:

    説得力は無いけど、無意味に破壊力がある言葉の響きですよね。

    瓦礫。

    で終わられたら、それ以上でもそれ以下でもない、乾いた笑いがこみ上げます。



    でも、人がその下に埋もれてたんだった!

    と、気付いてハッとする、みたいな。

    それが今を生きてる人間の逞しさなんだ、なんて図々しい事は言いません。

    不謹慎で小心者なんです。

  4. gomesu より:

    あまりの精選しなさすぎがヘンなだけで、「瓦礫」自体に恨み辛みはないんですけどね……。(ゴ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


五 − = 3