非モテ・童貞・オタクたちの関係を破壊する女「サークルクラッシャー」はいかにして生まれたのか?

 一人の異性を巡る恋愛によって、集団の人間関係が悪化する現象を「サークルクラッシュ」という。誰もが「あ~いるいる、そういう女」と思い当たる、青春ドラマにはおなじみの設定だが、そんな「サークルクラッシュ」現象を大真面目に研究している同好会が京都大学に存在する。代表が「現代社会の病理」とまで主張する、この現象の背景と問題点とは何か? 短期集中連載、スタート。

サークルクラッシュ

※写真はイメージです

サークルクラッシュ研究~第1回~


 あなたはサークルクラッシュという言葉を聞いたことがあるだろうか? 「まったく聞いたことがない」という人からすると、「クラッシュ」という言葉の響きから「物理的な破壊行為」をイメージするかもしれないが、そんな物騒な話ではない。

 例えば、恋愛に慣れていない男ばかりのサークルに、女性が一人入ってくる。男たちはその女性に群がり、ドロドロの三角関係、四角関係……となっていく。結果、サークルが崩壊する。

 サークルクラッシュとは、簡単に言えば、「一人の異性を巡る恋愛」によって集団の人間関係が悪化することである。その「一人の異性」はサークルクラッシャーやクラッシャーと呼ばれる。これは主にインターネット上で流行してきた言葉で、「サークラ」などとも略されるが、ネットでは女性がサークルクラッシャーとみなされるケースが圧倒的に多い。そのため、侮蔑的な意味合いを込めて「サークラ女」などと呼ばれることもある。

 この話をすると「ああ、オタサーの姫ね」と言う人もよくいる。「オタサーの姫」について説明しよう。漫画・アニメ・ゲームなど、特定の文化系の趣味を持つ「オタク」によるサークル(オタサー)においては男性が多数になり、「紅一点」のごとく少数の女性が入っているというパターンが多い。そこにおいて女性は、その希少価値から「姫」のようにもてはやされ、チヤホヤされることがある。その女性がチヤホヤされるための媚びたような振る舞いをしていたり、フリフリのスカートを履いていたり、チヤホヤされているにもかかわらずあまり顔が可愛くなかったり、といったことを揶揄するために「姫」という言葉が使われているようだ。

 「オタサーの姫」は近年、正確には2014年頃からTwitterなどを通じて画像イメージと共に拡散され、流行し始めた。そのキャッチーさから、似た概念である「サークルクラッシャー」を知らずとも「オタサーの姫」ならば知っているという人は多い(「サークルクラッシャー」と「オタサーの姫」は厳密には異なるのだが、そのことは稿を改めて述べたい)。

 しかし現在だけでなく、実は過去にもサークルクラッシュと似た現象が起こり、語られてきた。では、なぜ今になってサークルクラッシュが語られるのだろうか?

 一つにはサークルクラッシュはそのゴシップ的な話題性から一種の「あるあるネタ」として消費されてきたという経緯がある。しかし、実際にサークルクラッシュに遭遇した人はその事実を隠したがるために、サークルクラッシュは「都市伝説」と化してしまう。そして、イメージばかりが先行し、「自分には関係ないできごと」として安全圏から人を「サークルクラッシャー」呼ばわりするという「差別」も横行してきた。

 しかし、サークルクラッシュは「あるあるネタ」で済んでしまう単純な話なのだろうか? この現象の背景には何か重大な問題が隠れているのではないのか? そんな問題意識から筆者はサークルクラッシュについて研究・取材を重ねてきた。結論から言えば、サークルクラッシュは現代社会の人間関係を象徴した現象であり、「無縁社会・コミュニケーション能力・承認欲求・居場所・生きづらさ」といった現代社会の病理までも把握できる射程を持っていると筆者は主張したい。そのため、まず今回はサークルクラッシュという言葉ができる以前の類似した現象と、サークルクラッシュという言葉が生まれた背景を概観する。また、次回以降は具体的なサークルクラッシュの事例を紹介することで更に深く掘り下げていく。

次ページ似て非なる「サークルクラッシュ」独自の特徴

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中