絶滅危惧種の淡水魚「アユモドキ」の生息地にサッカー場を建設

景観・歴史・文化・環境・生態系などの破壊に目をつぶり、ひっそりと進行している開発計画は数多い。それは本当に必要な事業なのか? 地元住民はどれだけ情報を与えられているのか? 全国各地で進められている、“あまり知られていない”開発計画の現状をリポートした!!

◆「アユモドキ推し」から一転、生息地を壊しサッカー場建設
 ~桂川水系(京都府)天然記念物が絶滅危機~


 絶滅が危惧される淡水魚アユモドキを守り、共存してきた京都府亀岡市。だがその歴史も、誘致が決まり京都府議会では整備予算案も承認されたサッカースタジアム建設によって大きな岐路を迎えている。

亀岡市の桂川水系

アユモドキの貴重な生息地である亀岡市の桂川水系。「京都府と亀岡市は、科学的データが得られていないまま事業を進めようとしています」(草刈事務局長)撮影/志葉玲

 アユモドキとは、体長15cmほどのドジョウの一種で、泳ぐ姿が鮎に似ているのがその名の由来だ。世界でも日本にしか生息しない固有種であり、国の天然記念物に指定されている。かつては琵琶湖・淀川水系に多く生息したが、オオクチバスなどの外来種による捕食や、治水・河川整備などの環境変化によって激減。JR亀岡駅北側の桂川水系は、国内でも3か所しかないアユモドキの生息地の一つだ。「世界野生生物保護基金(WWF)ジャパン」の草刈秀紀事務局長は「京都府が建設する『京都スタジアム』(仮称)の候補地に亀岡市が選ばれたのですが、その建設予定地がちょうどアユモドキの生息地だったのです」と指摘する。

「そのためWWFジャパンだけでなく、日本魚類学会や日本生態学会、日本自然保護協会などいくつもの団体が事業の見直しを求める意見書を提出しています」

アユモドキ

アユモドキ

 地域住民からもスタジアム建設に反対の動きが出てきた。今年1月、107人の住民が建設差し止めの集団訴訟を提訴したのだ。原告弁護団の高木野衣弁護士は「これまで条例などでアユモドキを守ってきたのに、スタジアム建設を優先するのはおかしいと原告の方々は訴えています。アユモドキを守ることは、地域の住民の安全や命を守ることにも繋がります。アユモドキの生息域は遊水地でもあり、スタジアム建設で地域の水害が悪化する恐れもあるのです」。

 地元亀岡市はこれまでアユモドキを環境のシンボルとし、その保護活動を行ってきた。スタジアム建設が環境と共生する「原風景」を壊さないことを願うばかりだ。

― こっそり進む[ニッポンの風景]破壊計画 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中