「冬のボーナスが増加」なんてニュースと無縁な人々の叫び

 今年も冬のボーナスの季節が到来。経団連が発表した「2015年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)」によれば、セメント、機械金属の2業種以外の業種は増加する見込みだという。総平均も3.13%増の91万円と3年連続で増加。とはいえ、大手に限らない民間企業全体で見れば減少するという報道もある。「ボーナスどころじゃねぇよ!」という人々の声を拾った。

「冬のボーナスが増加」なんて無縁な人々の叫び あまりに少人数の零細企業のために、特別に名を秘すが、中小企業のボーナス額は氷点下の極寒だ。

 零細建設会社の「D」は昨冬から10万円→7万円→5万円と減額。「今回が最後のボーナスかも」と語るのは、同社主任の田廣亮さん(仮名・35歳)だ。

「年始の段階では社員8人だったが不渡りの噂が絶えず、2人が見切りをつけて辞めちまった。まあ、こんなクソみてぇな会社に残っていても明るい未来なんてねぇし、来年の年明け早々倒産したとしてもまったく不思議じゃない(苦笑)」

 ただし、少額でも支給されるだけまだマシだ。従業員15人の自動車加工会社「G」で主任を務める安藤尚人さん(仮名・40歳)は、「5年連続でボーナス0円。自動車業界は好況で大手はボーナスも多いみたいだが、孫請けのさらに下のウチみたいな会社には関係ねーよ」とボヤく。

 話によると、今年は5万円程度だがボーナスを支給するとの噂が流れていたそうで、結果0円と聞いた社員は落胆。「血の気の多い若い連中は、『社長をシメる!』って言い出す奴もいて、なだめるのが大変」と漏らす。

「ただ、社長は社長で『ヤミ金に借りて給料を払っている』との噂もある。部長が尋ねたら『銀行系のカードローン』と言っていたらしいけど、俺ら社員にしてみたらどっちもヤバいのは同じ」

 中小企業にとっては、たとえ少額でもボーナスが支払われているだけマシなのかもしれない。

※12/1発売の週刊SPA!では、「話題の企業55社[冬のボーナス]格差社会」という特集を掲載中。不祥事で世間を騒がした企業から、勝ち組企業まで、彼らの懐具合を探る

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!12/8号(12/1発売)

表紙の人/ R2-D2&C-3PO

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中