雑学

買ってはいけない「ユニクロU」ワースト3を発表!【発売前レビュー】

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第92回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 いよいよ9月30日に発売が迫ったユニクロと元エルメスデザイナー・クリストフルメールの新ライン「ユニクロU」。世界最高峰のデザイナーといっても誰も否定できないルメールと、世界最高のコスパといってもこちらも誰も否定できないユニクロの合作。これ以上ないほど期待を集めています。実は発売に先駆けてユニクロ内見会に潜入、「見て着て」きたのですが、「これはいいけど……これはちょっと……」という「買ってはいけないワーストアイテム」を3つピックアップしておきます。買い物の失敗をなくすためにぜひご参考に。

ワースト第3位 「アウターで使用すると失敗するインナーダウン」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1198443

mb9201

襟の有無は着こなしの腕を問われる重要な要素

●Uniqlo U(ユニクロ ユー) MEN ウルトラライトダウンコンパクトジャケット 6990円(+税)

 1、2年ほど前からメンズ・レディース問わず「インナーダウン」が大流行しています。もともとアウトドアブランドなどで展開されていたアイテムですが、街着に浸透しトレンドとなりました。アウターの防寒性をアップさせる「荒業」がインナーダウン最大のメリット。秋用のやや薄手のジャケットなどはせっかく良品を購入しても、12月になったら寒くて着られないなんてことが多いはず。レザーはその典型ですね。そういったアイテムのサポート役としてインナーにダウンを入れる着こなしが流行っているのです。秋用のアウターの防寒性が向上し、真冬まで「延命」できるように。この「延命」着こなしが大ブレイクしてトレンドに繋がりました。春秋用のアウターが真冬まで使えるのですから大助かりです。おかげでアパレル業界では「ヘビーアウターが売れない」という悩みが発生しているのですが……。

 この「インナーダウン」のトレンド、去年あたりからは「あえてアウターとして着用する」という着こなしが出てきました。このダウンジャケットもおそらく「インナーでもアウターでも使えるよ!」という提案なのでしょう。しかし、幾多の「使いにくい服」を着こなしてきたファッションエリートならともかく、こういったインナーダウンを初心者がアウターに使うと概ね失敗します。インナーダウンの多くは襟がなく首元が開いた仕様です。首元は顔に近く視線を集める重要なポイント。首元の始末次第で「全体」の印象は決まるといっても過言ではありません。「首元が開いた」こういったアウターを考えなしに着てしまうと首元がなんとも寂しくサマになりにくいのです。

 あらかじめ「インナー用」と割り切ればいいのですが、初心者がアウターとして着用して大失敗を引き起こす予感がします。首元のデザインだけでなく素材感も少々安っぽく、高級素材をふんだんに使ったほかのラインナップと比べても少し頼りない。アウターとして使うと「安物感」が出るので、あくまでインナー用途にしておきましょう。

次のページ 
ワースト2位は?

1
2
3
最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版





おすすめ記事