恋愛・結婚

売れないキャバ嬢たちが海外へ出稼ぎに。外国人の富裕層相手に“度を超した”アフターも

 最近、SNSに「海外旅行が趣味です」なんて書いているキャバ嬢をよく見かける。割安なAirbnbLCCなど、いまは手軽に旅ができる時代になった。とはいえ、そう頻繁に行けるものでもないだろう。なぜ、たいして売れてもなさそうな彼女が……と不思議に感じてならなかった。

 じつは、その裏には「旅をしながら稼ぐ」という新しいスタイルがあるというのだ。だが、正式な就労許可がなければ海外で働くことは違法行為である。にも関わらず、いま多くの売れないキャバ嬢たちが海外に出稼ぎに行っているらしい。

 それだけではない。なんと売春しながら旅しているキャバ嬢までいるというのだ……。

売れないキャバ嬢たちがSNSで見せつける海外セレブ旅行の実態「外国人の富裕層と……」

海外を旅しながらキャバクラ・売春で稼ぐ日本人女性


 不景気の煽りをうけ、よっぽど大都市をのぞき、多くの繁華街は閑古鳥が鳴いている。日本のキャバクラは現在、昔のような繁盛店もなければ、派手な世界とも言えなくなった。今ではごく普通の女たちが日銭を稼ぐ程度の場所なのだ。

 千葉県の売れないキャバ嬢だったA子(24)だが、ココ数年で一気に金回りが良くなった。安っぽいファストファッションブランドばかり着ていたはずだが、最近はヴィトンやプラダなどの高級バッグを購入。InstagramやFacebookのタイムラインには、頻繁に海外旅行に出掛けるといったリア充アピールが並ぶ。彼女がそこまで豪遊できる理由とは。A子が言うにはこうだった。

「海外に日本人専用のキャバクラがあるんだよ。しかも、自由出勤で日払いだから、海外に長期滞在しながら日銭を稼ぎ、旅を楽しめちゃうっていう仕組みね。ワタシはアジア好きだから東南アジアを中心にバンコク、香港、シンガポールで働きながら遊ぶ。友達はハワイで働きながらアバンチュールを楽しんでるよ」

 では、肝心のビザや就労許可はどうなっているのか。

「法律的にはアウトだけど、観光ビザで働いてるよ!そもそもオーナーが警察に賄賂を渡して暗黙の了解でお店をオープンさせてるから1か月働くのがせいぜいみたいだけど」

 A子が出稼ぎのメインに選んだ国は、アジア屈指の性大国とも言えるタイのバンコク。現地のキャバクラに来るのはどんな客層なのか。

「お客さんは日本人の短期出張者や駐在員のリッチマンって感じ。タイに来てお金をつかうぞ~っていう勢いで来ている人や、社長などの日本でもお金持ちクラスのオジさん。羽振りも良くて、日本でケチケチと1時間ワンセットで遊んでいく人たちとは根本的に違う」

 では、具体的な稼ぎはどのぐらいなのだろうか。彼女はそこで様々なバブリー体験をしたという。

外国人の富裕層とも出会えるので、そういった人たちの席に着ければ儲けもの。1回で何十万円ってつかっていく人もいるし、とにかくチップの金額が破格。多いときでは、10万円近くもらったことがあります。あとは、お客さんの遊び方が、お金に余裕があるだけにスマート。ぶっちゃけ時給は500バーツ(約1600円)と格安だけど、タイで生活していくには十分かな。タイのセブンイレブンの店員が8時間働いても300バーツの世界ですからね」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1294293

見定める男
チップ

富裕層の女性がステージのダンサーにチップを渡している様子

次のページ 
時給500バーツ(約1600円)で豪遊できるワケ

1
2




おすすめ記事