エンタメ

渡瀬恒彦さん追悼――最強伝説「“芸能界ケンカ強い”ベストイレブン」ではキーパーに選出

 俳優の渡瀬恒彦さんが14日、多臓器不全のため死去した。享年72歳だった。映画『仁義なき戦い』シリーズなどで知られ、強いイメージがある渡瀬さん。SPA!では過去に、任侠モノや芸能界の裏事情に詳しい杉作J太郎と吉田豪の両氏による「“芸能界ケンカ強い”イレブンはコレだ」という企画で渡瀬さんを選出している。今回は、そんな渡瀬さんのエピソードが伝わる掲載記事を改めて公開する。(※文中の表記は2014.07.13掲載当時のまま)

渡瀬恒彦さん

渡瀬恒彦さん(※東映マネージメントの公式プロフィールより)

※※※※※※※※※※※※※※

日本は残念な結果に終わってしまったサッカーW杯。そこでサッカーでの無念をはらすべくSPA!では、「本家ザックJAPANに負けず劣らずの超オススメ!“俺的最強の布陣”をサッカー以外でつくったらどうなるか?」を企画。あらゆるジャンルで選出&解説してもらった!

“芸能界ケンカ強い”ベストイレブンはコレだ!<大林JAPAN・最強の布陣>


⇒【画像】はコチラ(守備ポジション図)
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1303248


 任侠モノを語らせたら右に出る者ナシの杉作J太郎と芸能界の裏事情に詳しい吉田豪の両氏のつくる“ケンカの強い有名人”布陣は?

「渡瀬恒彦は体も精神も鋼のような人だった」杉作J太郎と吉田豪が語る

杉作J太郎氏(左)と吉田豪氏(右)

吉田:まず現役ミュージシャン最強とされる怒髪天の増子直純さんは入れたい! 最近出た著書でも話がいちいちリアルなんですよ。「マウントをとって相手のピアスを一つ、一つ……」とか、上の世代でケンカが強いと有名だったルースターズの池畑潤二さんと戦った話とか。

杉作:元自衛隊のレーダー係だから中盤の司令塔に最適ですよ!

吉田:なら、その横に同じく自衛隊出身の漫画家・板垣恵介先生を置きましょう。この元自衛隊の並び、絶対に突破したくないですよ! あと役者の間で強いと評判の渡瀬恒彦さんをキーパーに。

杉作:いいじゃない! 渡瀬さんはどんなカーアクションも自分でやるし、ジープに轢かれたこともある、体も精神も鋼のような人ですからね。

「渡瀬恒彦は体も精神も鋼のような人だった」杉作J太郎と吉田豪が語る

そのほか沢田研二、誠直也、つまみ枝豆、なぎら健壱らの名前も。「ゲーセンのパンチ力測定で佐竹雅昭と具志堅用高に圧勝したASKAはドーピング発覚の恐れがあるからベンチで!」(吉田氏)

吉田:あと哀川翔さんも。一緒に飲んでた諸星和己が六本木で絡まれたとき、「お前は有名人だから車の中で待ってろ」と言ってケンカに向かった話とか最高です!

杉作:中野英雄さんはヒクソンみたいな体でやっぱり強い。2人をキーパーの前に置こう。

吉田:このゴール前、どう見ても組事務所ですよ(笑)。

杉作:あと稲川淳二さんを忘れてた! 彼は高校生のときに、大人相手に抗争を起こして電車も止めた人だから。人間世界に収まりがつかず霊界に行った人なんです!

吉田:故・安岡力也さんとも幼なじみだし、松平健と一緒に新日本プロレスに入ろうともした人ですからね。同じく意外な系統で生島ヒロシも入れましょうか。彼は米国留学中にショー・コスギと空手ショーをやっていたし、ベニー・ユキーデと戦うプランもあったみたいです。つい最近も態度が悪い人にキレて、電車を止めたらしいですから。

杉作:その2人が最前線にいたら敵が油断して点も取り放題ですよ! 山本晋也さんも並べようか。

吉田:腕っ節で監督になった人ですからね。彼が異例のスピード出世を遂げたのは、生意気な監督を全部潰したことが理由ですから。

杉作:しかしこの並びはいいですよ! 平和で軽い午前中の番組が始まりそうじゃないですか(笑)。

吉田:しかしあまりにもロートル揃いなので、水嶋ヒロも入れましょう。彼はイスラエルの近接格闘術「クラヴ・マガ」をやっていて、実際にサッカーもプロ級ですから。あと自宅にジムがあって本気で体を鍛えてるGACKTと長渕を両脇の位置に。彼らと水嶋ヒロが走れば、ほかは年寄りでも安心! チームの愛称は、競技が違いますけど、取材で話の内容がケンカばかりだった張本勲を監督にして張本ジャパンはどうですか? もしくはYOSIKIが監督でX JAPAN!

杉作:強い人が上に立っても、この11人は操れないよ。むしろ動物とか子役が監督のほうがいい。エマニュエル坊やとか大五郎とか。

吉田:映画の人も多いから映画監督がいいかも。大林宣彦監督とか。

杉作:いいね。武闘派じゃない感じが。大林さんなら、間違いなく最初に全員と握手しますから!

吉田:大林ジャパン! 僕たち監督って響きに引っ張られてますけど、ジャンルが違いすぎますよ!

取材・文・撮影/古澤誠一郎 取材・文/福田フクスケ 安田はつね(本誌)
※勝手に発表!!俺の好きな[文化系ベストイレブン]より




おすすめ記事