ニュース

ロリコン教師が集うLINEグループでは“楽しみ方”が議論されていた…メンバーの一人が内部告発

 3月24日、小学校の終業式に向かう途中で行方不明となった、千葉県松戸市に住むベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん。彼女の遺体を遺棄したとして逮捕されたのは、意外や意外、同地区の保護者会の会長である、渋谷恭正容疑者だった。

 近所の人たちは「まさかあの人が」と動揺を隠さない。子どもたちに甲斐甲斐しく接し、誰よりも子ども思いであると思われていた会長が、子どもに手をかけるとは――。しかも現場の“遺留物”からは渋谷容疑者のものと一致するDNA型が検出されているのだ。

「あくまで推測にすぎませんが、渋谷容疑者は性的な意味で子どもが好きだったのではないでしょうか。彼が保護者会の会長という立場についたのもその理由じゃないかと思います。僕を含めて、周りにもそういった“性癖”ありきで、教師になった人間はいますからね」

 衝撃的な事実を内部告発するのは、関東某所の公立小学校で教師をしている阿部雄一郎氏(仮名・男性・20代後半)だ。

阿部氏の自宅パソコンにはネットで集めた”ロリ系画像”が大量に保存されている

「大学受験や、教員採用試験の勉強で苦しいときも、『ここで踏ん張れば子どもたちと毎日過ごせるんだ』ということだけ考えていました。そのおかげで教師になれました。しかし、今回の殺人事件の報道を見て、我々教員の内部事情をしっかりお話したほうがいいんじゃないかと思いました」

 小児性愛者であることをあっけらかんと語る阿部氏。今回、特定を避けるため絶対匿名を条件に、自身と“同志”が楽しむ職場での趣味を語ってもらった。

 これは、子どもたちが出会いうる、教育現場で紛れもなく起きている実態である――。

友人の妹のパンチラが頭から離れない


 阿部氏は中学時代から、子どもに対する複雑な感情に悩まされていたという。

「一人っ子なので、友達の妹が初めての『性的対象』となりました。彼の家に遊びに行ったときに、小学校6年生の妹さんが、何の躊躇もなくパンツを見せていた。そのときに喉の奥というか胸のあたりが詰まるような感覚になったのを覚えています。次第にそれが性的興奮であることを理解するようになって、ロリコン御用達のエロ雑誌“L”やネット動画でロリ系のものばかり観るようになりましたね」

 そんな彼が教師になろうと考えたのは、やはり自身の性的嗜好に突き動かされたためだった。

※写真はイメージです

「小学校の教師になれば、パンチラのようなハプニング的シーンを日常的に見れるだろうし、毎日が楽しいだろうなと思ったんです。教員免許を手にして、学校に赴任してから、今の今まで楽しくて仕方ないですね」

 呆れるほど正直に語る阿部氏だが、子を持つ親にとっては看過できない話だ。

 我が子がこんな教師のいる学校に通っていたとすれば、すぐにでもその教師を辞めさせるために動くことだろう。ただし阿部氏は“直接的な行動には出ていないし、今後もそのようなことはしないつもり”と力説する。そうなってしまうと親や学校には、ロリコン教師の生態を知る手立てはないのだろうか。

次のページ 
『礼』の時間を長くとり、スマホを起動。ズームに……

1
2





おすすめ記事