R-30

ご近所トラブルが多い街・ワースト5

 住宅情報誌では「住みたい街」特集が多く散見されるが、トラブルの多い「住みたくない街」を回避するのが賢者の選択だ。ここでは「今一番ヤバイ、ご近所トラブル多発の街」について紹介しよう。

スカイツリー界隈

スカイツリー界隈でいじめが頻発!下町では親もガマンを溜め込まないので学校とのトラブルも

定番「騒音トラブル」に土地柄が表れる


 ご近所トラブル案件を多く手掛ける弁護士の佐藤大和氏が、特にトラブルが発生しやすい街として挙げたのが世田谷区の成城や玉川。

「良い街だからこそ、昔から住む住民たちの結束が強く、新しく来た人たちに対して閉鎖的になる傾向があります」

 ピアノやバイオリンの音がうるさいなど、やや神経質ともいえる問題が多いのが世田谷エリアの特徴だという。同じ騒音トラブルでも、毛色が異なるのが渋谷区。

「特にベンチャー系の経営者たちが多く住む恵比寿の高級マンションでは、ホームパーティがトラブルの火種に。うるさいし、人の出入りが多くて迷惑だと相談に来られる方がいますね」

 興味深いのは、スカイツリー周辺の学校にいじめが多いという傾向。墨田区、台東区、江東区は昔ながらの下町というイメージだが、オフィスもあるスカイツリーができたことで近年は新しい住民が大量に流入。

「それまであった人々のバランスが崩れたことで、人間関係に歪みが生じたのでは」

と佐藤弁護士は分析する。また、同じく学校の多い豊洲では、PTA内の不倫トラブルや、モンスターペアレント問題が多発しているとか。

豊洲のマンション

豊洲のマンションは不倫の巣窟。マンション内部のトラブルも少なくない

次のページ 
ご近所トラブル多発の街ランキング

1
2





おすすめ記事