ニュース

「女性天皇」賛成派は愛子様に生涯独身で通していただくつもりか?【憲政史家・倉山満】

【女性天皇】賛成派は愛子様に生涯独身で通していただくつもりか?【憲政史家・倉山満】 ここで、問う。 「愛子様が天皇になってほしい」と願うのは勝手だ。では、どの先例を、吉例とするのか。愛子内親王殿下にふさわしい先例とは、何ぞや。過去の女帝は、八方とも苛酷な人生を歩まれたことを知ったうえでも、まだ言うのか!?  皇室の先例、不文法に従えば、愛子内親王殿下が御即位されるとあらば、生涯、独身を通さねばならない。  皇室は男系絶対であり、男性排除の論理で成立しているからである。  仮に愛子内親王殿下が民間人の男性とご結婚されたとしよう。その民間人が皇族、そして天皇になれば道鏡そのものである。我が国の歴史で一度も存在しなかった事態である。  またその民間人の男性との間に生まれた子供が皇族、そして天皇になっても未曽有の事態である。そんなものが許されるなら、「天皇に娘を嫁がせて、その子供を天皇にする」などというメンドクサイ摂関政治は不要だった。徳川秀忠だって同じことをしようとしたが、皇室の不文法の前に敗れた。  男系絶対とは、皇室の血をひかない民間人を排除する原理なのである。ちなみに女性は必ずしも排除されない。今の皇后陛下は正田、皇太子妃殿下は小和田の苗字の民間人だったが、いまでは皇族となられている。古くは、藤原光明子が光明皇后となられた先例に遡る。だから、女性差別どころか、男性排除なのである。  女系は先例がないので、論外である。絶対に不可である。  女帝は先例があるので、「絶対に反対とは言わないが、無理やり推進する話でもない」と答える。  愛子内親王殿下は過去八方と同じく、男系女子であり、資格はある。現在の典範が女帝を禁止しているなら、典範そのものを改正すればよい。明治につくられたたかが百数十年の歴史しかない典範よりも、皇室の不文法である古代よりの先例が優先するのは当たり前だ。  では、生涯独身で通していただくのか。  実は、一つだけ方法がある。皇族の男性と結婚されることである。  現時点では悠仁親王殿下だけが有資格者である。いとこ婚は生物学的には問題ないが、無理やり推進する話でもあるまい。  あるいはダグラス・マッカーサーに無理やり皇族の資格をはく奪された旧宮家の子孫である旧皇族の方々から適切な方を探し出してくるか。  皇族のご結婚は国家の大事なので、非礼不敬を承知で申し上げた。  しかし、「女帝に賛成か反対か」と問うならば、これは絶対に避けて通れない問題である。  何よりも大事なのは、現在の皇統は、幼き悠仁親王殿下お一人にかかっているのだ。  何よりも肝要なのは、殿下が御即位される際に、帝を支える男性の皇族がどれほどおられるかであろう。  女帝に賛成か反対かなどと、お遊びに興じている暇はない。 【倉山満氏】 憲政史研究者。著者シリーズ累計35万部を突破したベストセラー『嘘だらけの日米近現代史』『嘘だらけの日中近現代史』『嘘だらけの日韓近現代史』『嘘だらけの日露近現代史』『嘘だらけの日英近現代史』『嘘だらけの日仏近現代史』のほか、待望の新刊『日本一やさしい天皇の講座』を6月2日に同時発売憲政史研究家 ’73年、香川県生まれ。’96年中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤職員として、’15年まで同大学で日本国憲法を教える。’12年、希望日本研究所所長を務める。同年、コンテンツ配信サービス「倉山塾」を開講、翌年には「チャンネルくらら」を開局し、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交について積極的に言論活動を展開。ベストセラーになった『嘘だらけシリーズ』など著書多数
1
2
日本一やさしい天皇の講座

天皇はいかにして権力を手放し立憲君主になったのか。そして今回、論点となった譲位、女系、女帝、旧皇族の皇籍復帰の是非について、すべて「先例」に基づいて答えることで、日本人として当然知っておくべき知見を集約した一冊。





おすすめ記事