雑学

ボトルの酒量が微減、チェック時間をサバ読み…潰れるキャバクラの共通点

 続いて、セコい話を連発でお送りします。 ●キャバクラで客2人にキャバ嬢が1人しかつかない  これはよくあるのですが、常連客には「まもなく女のコが席につきますから、しばしお待ちを」と断りを入れればオーケー。これがいつ行っても、女のコが少ない状態だと経営的にヤバイです。人件費を抑えてお金を稼ごうとするわけですから、当然客は「あの店、いつ行っても、女のコ少ないよ」と言って敬遠しがちになります。これは店が潰れる前兆ですね。 ●キャバクラのチェック時間を誤魔化す  キャバクラは、どこもセコい時間計算をします。基本セットは1時間ですが、延長は30分単位です。時間に余裕を持ってチェックと言っても、会計で待たされることが多いです。「すいません、レジが混んでるもので」と黒服が言うけど、そんなにお客さんいるか~? これは怪しいと思って会計周りを見ながら、トイレに行ったら、会計伝票が山積みにされていた。そのくせ会計係りは暇そうにボールペンを指で回しているし。これは熟成肉のように、会計伝票を熟成させて料金を水増しているのです。対抗措置としては「キリのいいとこで会計して」といえば、「お客様、あと10分で2時間になりますが」と言ってくるから、じゃあそこでと言えばいいのです。 ●たまに行くとプチぼったされる  1年ぶりぐらいに昔のキャバ嬢に呼ばれて飲みに行って、会計をすると「3万4000円です」と言われてびっくり。この店は普通に飲んで2時間で2万2000円ぐらいだけど、どうして高いの? ここで1万円の余分な支払いでモメるのは、面倒臭いので払ってしまう。  後日、担当の女性からお礼のメールが来たので、ついでに聞いてみる。すると「高かった? ゴメンね。なんかさあ最近、お客さんが高いって言うのよ。こっそり料金上げたのかなあ」とのこと。そう言われて、ピンと来た。  すかさず、やんわりと問いただしてみる。「キミさあ、会いたくなったから連絡したって言ったけど、実は店に呼べって言われたんでしょ」というや、「実はそうなのよ。ちょっと店の売り上げが落ちているみたいでさ、ゴメンね」という。  なるほどね、潰れかけている店が、よくやる常套手段です。たまにしかこない客には結構ふっかける。どうせ料金のことを忘れているのだから、ボッてもわからないだろうと。こうやって徐々に店は沈没していくのでありました。彼女には「給料が遅れだしたら、給料日に飛んだ方がいいかも」とだけアドバイスしておきましたが、飛ぶだけのお金がもらえたかは謎です。 ●ビンゴの時間がやたら長い  これは時間稼ぎをしてお客を帰らせない作戦です。ビンゴカードを買ってしまうと、抽選するまではお客は帰れない。巧妙な引き延ばし作戦。キャバクラは時間制だから、居ればいるほどお金がかかります。これはビンゴを無視して帰るしかないのです。 「当たったら、キミにやるから」と言えば済む話。もし自分が当たっても、どうせ景品はキャバ嬢におねだりされますから、同じことですよ。
木村和久

木村和久

 というわけで、水商売は次第にお客が減っていくと、キャバ嬢の人数を減らし、サービスを低下させ、料金を上げて、最後の悪あがきをします。質のいい常連は去り、今度は路上でのキャッチのみって、歌舞伎町と同じ、ぼったくりの店へと落ちぶれて行くんですね。女性のスカウトはまだいい。男にキャッチされたら、それは怖い店の確率が高いですぞ~。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2





おすすめ記事