R-30

東大卒のプライドが捨てきれず40歳で年収310万円。転職を繰り返し、今やブラック企業勤めに…

 40代ともなれば給料も上がり、若い頃よりも楽できると思っていたのに。そう嘆く声は多い。昨今、低所得にあえぐ40代が急増中だ。その理由は出世できない、転職回数が多いなどさまざま。中年でも稼げない時代が来ている――

「俺はこんなもんじゃない」、東大卒のプライドと過信が招いた“転職地獄”とは

…安村英治さん(40歳・独身)/健康食品メーカー/年収310万円

高学歴プア 東京大学を卒業し、学生時代の友人はIT会社の社長や経営者など年収1000万プレーヤーばかり。しかし、そんな華やかな友人とは裏腹に、健康食品メーカー営業の安村英治さん(仮名・40歳・独身)は毎日200円の激安弁当を寂しげに頬張っている。この差はどこでついたのだろうか。

「すべては東大というブランドを過信していた自分が原因です。就職氷河期でも自己分析もろくにせず、派手な業界にただ憧れてマスコミや広告代理店ばかり受けていた。全滅してもブランド力で大手商社に入社できたのですが、どこかで『俺はこんなもんじゃない』と思い続けていて……」

「自分が本当にやりたいことを見つけたいと、迷走し始めたのが転落への第一歩だったと」安村さんは語る。社会人3年目でおよそ680万もの年収を捨て、IT企業やイベントの運営会社、食品メーカーなど業種を問わず転々と“自分探しの旅”が始まった。

「専門的な知識やスキルがないから当然収入は下がりました。でもプライドが邪魔して、一つの会社で踏ん張ることができなかった。1~2年で転職を繰り返し続け、今では月収23万円にまで急落。会社はブラックで残業代も出ないし一日18時間労働も当たり前。この生活から抜け出すために、今も転職活動は欠かせません」

 今もネットで月に30社以上応募しているが、面接に繋がるのは月に3~4社ほどだという。

「年齢とともにブランド力は落ちていますが、向上心を捨てずに挑戦したい」と安村さん。必要なのは自分を知る力なのかもしれない。

― 低所得時代の実態 ―




おすすめ記事