エンタメ

ムロツヨシ、賀来賢人も…ブレイク前に出演していた大ヒット作は?

 話題となったドラマ『民王』(テレビ朝日系)や『カルテット』(TBS系)に出演し、30代となってからブレイクした高橋一生。2018年に放送された『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)では、ゴールデン・プライム帯連続ドラマで初主演を果たした彼だが、ブレイク以前に、大ヒット作に出演していたことをご存知だろうか。

僕らは奇跡で出来ている

ドラマの主演を務めるなど、俳優としてブレイクした高橋。実は脇役として『池袋ウエストゲートパーク』といった人気作にも出演していたのだ。(『僕らは奇跡で出来ている』オフィシャルサイトより)

 小さなころから子役として俳優活動を始め、現在に至るまで長いキャリアを築いている高橋は、さまざまな映画やドラマに出演経験を持つ。スタジオジブリのアニメ作品『耳をすませば』では、主人公のボーイフレンド・天沢聖司役の声を演じていた。

 また高橋は、『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)や、岩井俊二監督作の映画『リリイ・シュシュのすべて』にも、実は脇役として出演していたのだ。放送、上映された当時に、これらの作品を見ていたものの、彼が出演していたことに、気が付いていなかったという方も多いかもしれない。

 高橋のように、ブレイクを果たす前に大ヒット作に出演していたという俳優は少なくない。そこで今回は、名優たちの少し意外な出演歴をご紹介しよう。

ムロツヨシ⇒『踊る大捜査線』シリーズ/共演者に「出てたの!?」と驚かれる


 福田雄一監督作品に常連俳優として出演し、コミカルな演技で人気者となったムロツヨシ。2018年にも『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で見せた演技が話題となったように、ブレイクの勢いが継続している彼も、実は大ヒット作に出演していた俳優の一人だ。

 ムロが出演していたのは、『踊る大捜査線』シリーズ。ユースケ・サンタマリア演じる真下正義の部下役で、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』など、スピンオフ作品を含めて3作品の映画に出演している。

 ただし、やはりブレイク前で注目度が低かったのは間違いなかった様子。『踊る大捜査線』シリーズで重要な役柄を務めていた柳葉敏郎とバラエティ番組に出演した際、映画で共演したことを伝えたところ、「出てたの!?」と驚かれてしまったこともあった。


綾野剛⇒『仮面ライダー555』/今の名優も、ファーストシーンで大苦戦


 塩顔系イケメン俳優でありながら、その高い演技力も評価されている綾野剛。2017年には、「第40回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞に選ばれるなど、今となっては知らぬ者のいない俳優である彼のデビュー作は、『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)での敵役なのだ。

 スパイダーオルフェノクという、いわゆる怪人役を演じた綾野は、演技に大苦戦。ファーストシーンで、23ものテイクを重ねることになってしまい、スタッフから芝居を罵倒されることもあったとか。

 このとき「殺意に近い思い」を抱いたという綾野だが、駆け出しの若者に対して、真摯に向き合ってくれる大人たちの存在に感動。この経験が俳優として本格的に活動するきっかけになったそうだ。


中村倫也⇒『風のハルカ』/実は以前にも朝ドラに出演経験アリだった!


 中村倫也は、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』への出演で広く名前を知られるようになった、今大注目の俳優だ。2018年には、『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)や、「第43回報知映画賞」で作品賞に輝いた映画『孤狼の血』などにも、出演を果たした。

 いわゆる“朝ドラ”への出演で注目されたことを一つのきっかけとして、ブレイク真っ最中の中村だが、実は以前にも“朝ドラ”に出演していた経験の持ち主。2005年に放送が開始された『風のハルカ』に、デビューから約半年で抜擢され、出演したという。

 しかし、そこでは話題になることのなかった中村は、仕事のない状態が長く続いていたという。引っ越しのアルバイトで、生活の糧を得ていた時期もあったそうだが、役者に専念するために、すべてのアルバイトをやめて今のブレイクにつなげたそうだ。


次のページ 
マルモのおきてから…

1
2





おすすめ記事