ニュース

「女系天皇も考慮すべき」は皇室の重みを知らぬ者の言である/倉山満

2679年間、一度も途切れず守り抜かれた男系継承の先例は、絶対の掟なのだ

皇室

写真/日本雑誌協会

 “あまり”にも頭が悪いから、“甘利”明。辛口の論者からは嘲笑される。政権与党の自民党で、選挙対策委員長という幹部の座にある。とはいうものの、迂闊さを反省して前言を取り消したのだから許してもよかろう。「女系天皇も考慮すべきだ」との発言だ。  女系天皇の何が悪か? 万世一系を破壊するからだ。では、万世一系とは何か。男系天皇による皇位継承である。これに一度も例外はない。2679年の間、一度も途切れることなく続いてきた先例だ。さすがに甘利氏も、軽々しく「女系も……」などと言えないと理解したようだ。  現在、次世代の男系男子の継承者は悠仁親王殿下、ただ御一人。これまで続いてきた皇室を、すなわち日本の歴史を御一人で背負われることとなる。だからこそ、いかに皇室を国民が支えていくかを考えねばならない。すなわち、これまで我々の御先祖様が守ってきた先例を、どのようにして守り抜くかを。  ところが、先例など二の次だと言ってのける者がいる。曰く、悠仁親王殿下だけに負担をかけるのは不合理だ。曰く、そのような状況では、奥方となる女性への重圧は非人道的となる。曰く、そのような状況で殿下と結婚してくれる女性が現れるのか。云々。最後には「もはや先例など守れない」と締める。そして、女系天皇を容認せよ。そこに至るまでに、女帝や女性宮家を認めよと主張する。このような女系論者も大半は、親切のつもりで言っているのだろう。
次のページ 
先例を守れないなら、何をやっても良いのか?
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事