エレクトリック文通LOVE!

 けっこう前だが、とあるバーでたまたまとなりになった27歳(当時)のOLから、こんな話を聞いた。

OL「最近さ、私、男がデキたの……」

ゴ 「ふ〜ん……何やってるヒト?」

OL「よくわかんない……」

ゴ 「ふ〜ん……よくわかんないんだ……で、どこで知り合ったの?」

OL「ん? yah○oの出会いサイト……」

ゴ 「アレって、エッチなサイトなんじゃないの?」

OL「そんなこと全然ないよ! まだエッチとかしてないし!!」

ゴ 「エッチとかなしで、付き合うってあり得るの?」

OL「当たり前じゃん!」

ゴ 「ふ〜ん……じゃあ、これまで何回デートしたの?」

OL「じつはまだ会ったことないんだよねー」

ゴ 「はあ……?」

OL「何回もメール交換してるうちに、じゃあ付き合おうってことになったんだ……」

ゴ 「………………。」

OL「コレコレ、彼氏の写真! どう? イケメンでしょ!(いかにも自分撮りといった感じのボケボケ写メを私に突きつけながら)」

ゴ 「………………。」

正直、耳を疑った。

なんてバーチャルなんだ! イマドキヤング!!

 もはや、写メだとかメールだとかツイッターだとかの即応性は、生のコミニケーションを超えてしまったのかもしれない。

 そして、たもちんのブログで、肉食女子が作る牛すじ煮込みの写真()を見て、まるで自分が牛すじ煮込みを作ってもらったような錯覚に陥り、思わずキュンとしてしまう私……。

 もちろん、彼女と一度も会ったことはないし、声さえ聞いたこともない

 人間としての進化を共感しながらも、動物としての退化をも痛感する、今日この頃の私である。

091223_134756.jpg

ゴメスがつくった鶏肉入り皿うどん。友人のNさんの長崎みやげです。ささみのあっさり感がポイント。ココでひとつ閃いたことあり! 次に書くテーマが決まりましたよ!!

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


6 − = 五