タイムスリップ

 自衛隊戦国時代に飛ばしたり、広末涼子バブル時代に飛ばしたり……

と、タイムスリップは、ストーリーテラーにとってのキラーコンテンツであり、
モノを創る職業に限らずあらゆる人々の空想力を掻き立てる。

 そして、もし私がたとえば江戸時代の寒村とかに、ある日突然タイムスリップしたならば?……なによりまず匂いに堪えられないのでは、と考えてしまう。

 歯医者も歯磨き粉も存在しない時代は、さぞかし口臭も凄かろう。

 寒村ゆえ、洗剤香水に代わる物なんてあろうはずもなく、
風呂だって毎日入る余裕もないに違いない。

 無臭地帯で日々を過ごす我々現代人が、過去の世界に迷い込む物語には、
欠かせないリアリティのひとつだと思うのだ。

 たとえば、マンションの隣の部屋のベランダで吐かれた煙草の煙にも拒絶反応を示す嫌煙家が、
70年代の新幹線車内にいきなりタイムスリップしてしまったとすれば、どうだろう。

 もっともシャットアウトしづらいのは
間違いなく嗅覚なのだから。

sengokujieitai.jpg
演習中の陸上自衛隊が突然戦国時代にタイムスリップしてしまう映画『戦国自衛隊』
(原作/半村良)。

2010.12.11 |  2件のコメント

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

“タイムスリップ” への2件のフィードバック

  1. メガネくん より:

    現代人はクヤサを臭うと思うように、
    未来の日本人はヤキトリやウナギの臭いに耐えられなくなるらしいです…

  2. ごめす より:

    とっても納得な情報ありがとうございます! さすがメガネくんだけありますね。ちなみに未来の世界だと、メガネもなくなっちゃうのかもしれませんね。あと、白髪とハゲとシワも……? 年齢差が外見では見分けづらい時代が来るのではないでしょうか?(ゴ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


3 + = 五