パチンコ反対……?

 渋谷の駅前を歩いていると、

東京電力管轄内の
パチンコ店の節電を求める

署名運動をやっていた。

 パチンコ屋だけにターゲットを絞った、まさにピンポイント攻撃である。

 電気は長期の蓄電が難しいので、過剰な節電はあまり意味がない

という説もあるが、あらゆる風評が飛び交いまくる昨今、そこらへんの情報の精度は、
最早よくわからない

 とりあえず、節電はすればするほど良しと仮定しよう。

 そして、たしかに一般家庭43万世帯分の電力消費量は尋常じゃない。

 いろいろ見直すべき点が多い数字であるのは否めない。

 でも、どうしてパチンコ屋だけなのか?

 プロ野球のナイターはOKなのか? 

 やっぱり、博打だからダメなのか?

 キャバクラとか風俗も大丈夫なのか?

 お水、いっぱい使ってますけど……。

 基本的に私は、パチンコは滅多にやらないヒトだが、
 
どうも、どこかの捕鯨反対団体が

クジラは人間の次に頭が良い動物だから、食べてはいけない!

と主張しながら、3番目以下に頭の弱いとかとかマグロとかを
バクバク
食っている姿とダブってしまうのである。

 そもそも、パチンコ業界で働く何万人(何十万?)の人たちの生活のことは、どう考えているだろう。

 まあ、その何万人(何十万?)の人たちを犠牲に、つまり

小を殺して大を生かす

のも、ひとつの考え方ではある。

 だったら、糾弾すべきなのは、パチンコ屋ではなく、まずパチンコをする人ではないのか?

節電のためにパチンコをやめろー!

と言うのが正しいと思うのだ。

 そうやって、パチンカーたちの良心に訴え、パチンコ人口が減り、パチンコ屋から客足が遠のいたら、
自然とパチンコ屋も店を閉めるのではないか?

 なんか、矛先が間違ってるような気がしてならない……。

110403_163155.jpg
ちなみに、渋谷駅近くのパチンコ屋を覗いてみると……悲しいかな、満員御礼でした。

2011.04.03 |  3件のコメント

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

“パチンコ反対……?” への3件のフィードバック

  1. まる より:

    知人が「東京ディズニーランドは、ずっと閉園していればいい」
    と口をすべらせたところ、一斉に氷のような視線にとり囲まれ
    たそうです・・・・・

  2. バニスター より:

    糾弾すべきはパチンコ屋でも、パチンコする人でもないと思います。
    反対するならパチンコも、ディズニーランドも、プレステも、アイフォンも、
    差別なく、全部やってください。
    それができないなら、反対じゃなくて”お願い”にすべき。
    「ちょっと控えめにお願いしますよー、僕もケータイは1日1時間までにしますので」、
    ぐらいのテンション。

  3. ごめす より:

    まったくもって同感です。「ケータイは1日1時間までにしますので」という交換条件がイイですね。(ゴ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


七 + 7 =