ブログ内新連載! 山田Gの『ぶらり…独り記者会見(仮題)』プロローグ

  29歳でライターとしてデビューをし、もうすぐ20周年を迎える私だが、そんな私がまだ体験したことのない仕事が一つある。

それは、記者会見だ。

  べつに選り好んでいたわけではない。ただ単に、これまでその手の仕事が入って来なかっただけなのだ。そして、こんな記者会見ヴァージンの私に、記者会見ルポをさせたらちょっと面白いのではないかとSPA!編集部が企て、実現したのがこのブログ内連載である。

  基本的に人に対する好奇心は薄いほうで、とくに面識のない人間に対しては、その傾向が強くなりがちな私としては、記者会見というイベント自体にとりたてての高揚感を抱くわけでもないのだが、基本的に来る仕事は拒まないのが信条でもあるから、もちろんありがたくお受けさせていただきたい。

  ということで、初モノとしてはちょうどこれくらいが手頃なのではないかと編集部が見繕ってくれたのが、

武井咲がウエディングドレスで登場するという、コンサバ系女性ファッション誌withが主催する

『ウエディング塾(キャンプ)』

の記者会見だ。

  ヴァージンゆえ、当然編集部の誰かが同行してくれるとおもいきや、

「この日はちょっとバタバタしてて……」

と、どうも歯切れが悪い。アンタだけで行ってきてください感がありありだ。扱いの低さに思わずムッとするが、まあしょうがない。

  いずれにせよ、このようないきさつで6月22日、私はのっけから独りぼっちの記者会見に臨むハメになったのであった。

  ものすごく不安である。

  本当に大丈夫なのか?

 

(つづく)

 

 


PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 6 = 二