祝!日ハムリーグ優勝!!

 日本ハムファイターズが、
3年ぶりに6度目(前身の東映時代を含む)の

リーグ優勝

を決めた。

 私が偉そうに言うのもなんだが、
とてもバランスの取れた、
いいチームに仕上がっていると思う。

6月下旬まで
打率1割台だった
中田(翔)を
不動の四番として
起用し続けてきたこと、

過去3年
連続未勝利だった
吉川投手を
開幕から1年間
ローテーションで抜擢し、
14勝(5敗)と
大ブレイクさせ、
見事ダルビッシュが
抜けた穴を
埋めてしまったこと……、

ほかにも挙げればきりがなかろうが、
とにかく、
選手起用にブレがない

 栗山新監督が有能か否か?

は、まだ現時点だと見極めきれないが、
いずれにせよ、

監督が替わっても
チームの戦闘力に
大きな変動がない

ということは、
フロントと現場の連携に
行き違いが少ない
証拠である。

 一度、札幌ドームに
日ハム×西武戦
を観に行ったことがあるが、
そこでは、

近所から来ました、
みたいなおばちゃんが楽しそうに
チケットのもぎりの仕事

に参加していた。

 地元密着
一端をかいま見る、
微笑ましい光景だ。

 チャンス時には

男女が代わりばんこに
コールを叫ぶ
応援団ルール

も、今までになく斬新で
連帯感を、より煽っている。

 あと、キャンプ前日、
選手、スタッフ全員に
配られたという

「夢は正夢」

の文字が入ったTシャツ。

 お世辞抜きに素晴らしい
センスの良さにあふれた一言
ではないか。

 そして、
ただひたすら
惜しむべきなのは、

我が阪神タイガースが、

これらのうちの
どれひとつたりとも
成し得ていない

という悲しい現実
……なのである。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 2 = 四